高卒ユーチューバーのヒカルが10代で金持ちになれたのは営業スキルがあったから

スーツ就職・バイト

最近注目が集まってきている職業がYouTuber(ユーチューバー)。どうやら儲かるらしくて芸能人も次々とYouTubeに進出してきてますよね。

そんな熱いYouTube界で、良くも悪くもヒカキン、はじめしゃちょー並にネット界隈を賑わせているのが、ユーチューバーヒカルさんです。(以下ユーチューバーヒカル)

ユーチューバーヒカルは、まだ20代半ばですが、ユーチューブ以外にも、自分の会社を経営していたり、マーケティング会社の執行役員を務めていたりと、YouTube以外にも多くの収入源があるので、大金を使った企画が大人気です。

 

 

ユーチューブは子供視聴者が多いということで、これまでは老若男女楽しめるスタイルが多かったですが、ヒカルの動画はちょっと大人向けです。ユーチューバーヒカルはこれまでにはいなかったタイプですが、一体どんな経歴を歩んできたのか調べてみました。

高校卒業後に営業マンを経験

ビジネスマン

高校卒業後、ユーチューバーヒカルはとりあえず地元の兵庫県にある工場に就職します。もちろん、その頃はユーチューバーなんてやっていません。

地方で高卒で就職となると、学校から紹介してくれる企業は、工場とかになっちゃいますよね。

実際ヒカルさんも高卒で働ける場所は「工場」「飲食業」「建設業」「配達業」ぐらいだと話しています。

作業系の仕事しかないやん…

ってのは地方の高校生就職あるあるの1つです。

とりあえずニートになるぐらいなら、工場で働いた方がマシだと、深くは考えずに工場に入社します。

筆者ならそのまま自宅警備員になりそうですが、一応就職したのは偉いと思います。しかし、そこの工場での作業員生活が肌に合わずに、入社して4ヶ月程で退社してしまいます。

その後、知り合いの会社で営業マンとしてのキャリアをスタートさせました。

最初の半年程は真面目に他の営業社員と同様に営業活動をしていたようですが、やがて頭角を現し、社内のナンバーワン営業マンになり、髪の毛を金髪にして営業活動に行ったりと好き勝手していたようです。

営業マンとして調子に乗っていたときの延長で、金髪時代に突入したんですね。

営業マンは歩合給があるので、成功とともに、着る洋服なども高いグレードになっていきました。

金髪にしても売上を伸ばしたりと、営業のセンスがいいんだなと思います。

ユーチューバーヒカルの原点はこの営業マン時代にあったのではないかと思います。

高卒で入社した工場はそこまで大きな会社ではなかったようなので、今後30年以上働いても年収500万円も到達しなかったのではないでしょうか。

高卒で工場に就職って堅実かもしれないけど、ユーチューバーヒカルみたいなタイプだとちょっと物足りないと感じるかもしれませんね。

 

ユーチューバーヒカルのアフィリエイター時代

MacBook

営業マンとして成功したユーチューバーヒカルは、その後、19歳で独立し、人材派遣業を立ち上げます。19歳で人材派遣会社を立ち上げるって、その決断もまたぶっ飛んでますな。

でもこの事業がで失敗し、借金1,200万円を作ってしまいます。

最初はFX(為替が上がるか下がるか当てる投資)で借金を返済しようと思いましがが、時計など貴金属を売って集めた200万円の軍資金を損してしまい、一文無しに……

FXはちゃんと勉強すれば、コンスタントに勝つことができるし、効果的な資産運用方法の1つですが、きっとあまり勉強しないまま、焦って資金投入しちゃったんでしょう…

話はそれますが、FX興味あるなら、最初はデモトレードがあるサービスから始めましょう。DMM FXとかだとデモトレードあるので、デモで勝てるようになってから始めるのがオススメです。

さて、FXで無一文になって派遣社員として日中は8,000円で働く生活に突入しました。でも、そこで終わらないのがユーチューバーヒカルのすごいところです。

FXの次にユーチューバーヒカルが手を出したのはアフィリエイトです。インターネット広告ですね。

アフィリエイトで月収1,200万円を稼げるようになり、その後自分のアフィリエイトノウハウを販売し始めると、月収2,000万円を超えるようになったようです。

アフィリエイトで、これだけ成果だせる人もなかなかいないですよね。

ところでアフィリエイトって、どんなイメージ持っていますか?

数年前だと与沢翼氏といったネオヒルズ族の方々がテレビに出ていたので、きな臭いイメージを持っている方も多いと思います。

この情報商材買えば秒速で儲かりますよ〜

っていうのも、アフィリエイトの1つですが、一般的なアフィリエイトとは少し違います。

アフィリエイトとは簡単に言うと「インターネット上での営業代行」です。企業の商品をホームページやブログを使って、アピールすることです。自分のサイトの広告をクリックした後に、購入してもらえると、報酬が発生する仕組みです。

このアフィリエイト広告を利用している大手企業や有名商品も多いです。なので、アフィリエイトとは、全くうさん臭いモノではありません。アフィリエイターとはWeb上の営業マンにすぎません。

アフィリエイターヒカルには営業マンとしての経験がありました。

「対面での営業」でも「インターネット上での営業」でも同じようなスキルが必要になります。「買ってもらえるように誘導する」スキルが大事です。

誘導というと、良い印象を受けませんが、お客さんの悩みを取り除いて上げたり、これを買うことによってどのような未来が待っているかといったことを伝えて、イメージさせてあげることです。

アフィリエイターヒカルは既にセールスレターを書くセンスが営業マン時代で備わっていたので、アフィリエイトの世界でも頭角を表せたのだと考えられます。

話はそれますが、「自分ブロガーやってます」って答えてる方の多くがアフィリエイターです。ブログとアフィリエイトサイトって、今はほとんど見分けがつきません。通常のブログ用のクリック広告よりもアフィリエイト広告の方が単価が高いから大半のブロガーもアフィリエイト広告使ってます。あとアフィリエイターって言うと、印象が悪いのでブロガーって答える方も多いです。

アフィリエイターは2019年現在でも個人で月に100万円以上目指せる数少ない職業です。「商品は自由」「営業先は全国の人」「寝てる間も営業できる」ということでアフィリエイターは普通の営業マンより条件的に有利です。

とりあえずどんな会社がアフィリエイト広告利用しているかだけでもチェックしてみると、色々と社会勉強になると思います。

ちなみにアフィリエイターになりたいのであれば、大手ASP「afb」がアフィリエイターとしてのノウハウが無料で学べるのでオススメです。

アフィリエイト情報

 

上は分かりやすいアフィリエイト広告です。バナーだと広告だと分かりますが、ただのテキストリンクとかもアフィリエイトリンクにできるので、知らず知らずのうちにアフィリエイトリンクから商品買ってしまっていることが多いです。ちなみにafbはアフィリエイトやブログで収益化するなら本当に必須になると思います。

 

ユーチューバーのラファエルも営業

営業マン

ヒカルとも共演している、ユーチューバーのラファエルも営業畑出身です。

2016年まで大手企業で係長として働いていたようです。ラファエルも定時制高校卒業なので、高卒です。その後自衛隊で働いた後転職して大手企業に入ったようです。

大手企業への転職って大卒でもかなりハードル高いですが、新卒でもないのに、大手企業に転職しやすいのも営業職のメリットですね。

営業マンとしての年収は2,000万円程だそうで、かなりの高給取りですよね。高卒会社員で1,000万以上の給与が得られるのは、営業職ぐらいです。

 

 

たとえ営業職でも年収2,000万円以上稼げるとなると、業種や会社が絞られてきます。

個人的な予想ですが「高卒から大手企業への転職」「年収2千万円が狙える歩合」となると、ラフェルが勤めていたのは不動産業界の営業ではないかと思います。

不動産業界なら未経験可な大手企業の求人がリクナビNEXTとかに頻繁に出てます。商材も一生に一度の大きな買い物なので一戸建てや投資用マンションは1件でも大きなインセテンィブがあることで有名です。

学歴なくても稼げるのは営業

フリーター

ヒカルとラファエル、ユーチューバー界の問題児トップ2ですが、両方とも営業職経験して、その後、アフィリエイトやYouTubeなどの在庫のいらないネットビジネスをはじめたという点で共通点があります。

ヒカルもラファエルもちょっと自己中だったり、発言がいい加減だったり、ズバズバ思ったことを言う性格も似ているような気がします。

ただ、こういった若干わがままな性格は営業職の方には多いので職業病のようなものかもしれません。結果さえ残せば、こういった性格でも許されるのが営業の世界です。

もし20代で、これからどんな仕事を一生の仕事にしようか悩んでいるのであれば、「営業職」やネット上の営業職である「アフィリエイター」あたりは、学歴関係なく努力が収入の結果として報われやすいのでオススメです。

アフィリエイターは個人事業主なので、とりあえずブログ作ってafbなどのASPから貼りたい広告探せば収益化ができます。1〜2年は収益出ないと思いますが、続けていれば報われます。

もう一方の未経験からの営業ですが、なるべく法人向けの無形商材扱っている業種が人材としての市場価値が高くなるのでオススメです。

無形商材(法人)>有形商材(法人)>無形商材(個人)>有形商材(個人)の順で人材価値が高くなります。

ちなみに女子でも営業職はおすすめです。逆に女子の人気職種の事務職とか給与は低いし、倍率100倍とかザラで転職しにくいので、世間のイメージに反して、実は割の合わない仕事です。

営業って色々と怖い話も聞きますが、自分の営業スタイル見つければ、あとは、勤務中にサボってもいいようなヌルゲーなんで、もし20代で営業職興味があるなら、若いうちに飛び込んでユーチューバーヒカルやラファエルのようなコミュニケーション能力磨いておけば、営業以外の仕事をすることになっても、色々と人生の幅が広がると思います。

 

アフィリエイト情報