ワーホリ・語学留学帰国後の住居・就職・無気力対策にはリゾバがおすすめ

ビーチリゾートリゾバ

楽しかったワーキングホリデー・語学留学の帰国後に待っているのは日本社会への社会復帰です。転職活動や住居の確保、お金のことなど色々と問題がありますよね。

ただ多くのワーホリ・語学留学からの帰国者を待ち受けているのは厳しい現実で、「うつ」っぽさに悩まされれる方も多いです。

色々と解決しなければならない問題がありますが、日本社会へのファーストステップとしてオススメなのがリゾートバイトです。その理由を説明したいと思います。

 

ワーホリ・語学留学の帰国後におすすめのリゾートバイトとは?

観光地

リゾートバイトについて、詳しく知らない方もいると思うで簡単に説明しておくと、「リゾートバイト」とは観光地のホテルや温泉旅館、テーマパークやレジャー施設などで働く住み込みバイトのことです。

ちなみに厳密にいえば、リゾバは、求人紹介会社から紹介されて勤務地に行くケースが多いので、直接雇用のアルバイトではなく間接雇用の派遣スタッフになります。

リゾバには以下のような求人があります。

 

  • リゾートホテル(受付・ベル・ナイトフロント)
  • 旅館(中居・裏方・調理・調理補助・温泉の清掃)
  • ペンション・コテージ・ゲストハウス
  • レストラン・カフェ・バイキング(ホール・キッチン)
  • パティシエ・ベーカリースタッフ
  • ショップ・販売
  • スキー場(リフト・受付・レンタル・ゲレンデレストラン・パトロール・インストラクター)
  • テーマパーク・アトラクション・キャンプ場
  • ツアーガイド
  • フォトグラファー
  • プール・マリンスタッフ
  • ゴルフ場
  • エステ・マッサージ
  • ナイトワーク・バーテンダー
  • 農業・畜産業
  • ウニ剥ぎ・ウニ剥ぎ体験の指導員
  • 工場
  • 沖縄などの家電量販店
  • リゾート地でのオフィスワーク(経理・在庫管理)

 

リゾートバイトスタッフでもホテルや旅館のサウナや温泉、プールなどを無料で利用できたり、高級旅館のまかない料理をごちそうになれるなど、メリットが多いです。大学生から、会社をやめて転職活動前に息抜きとして参加する社会人まで幅広い20代が利用しています。

住居費も必要ないので貯金もできて、おまけに観光地やリゾート施設も楽しめるということがリゾバの一般的なメリットですが、ワーホリや語学留学から帰国した方にオススメしたいのは、他にも色々とメリットがあるからです。

ワーホリ・語学留学の帰国後の住居が簡単に見つかる

ワーホリ・語学留学から帰国すると大半の方が無職となります。まず無職なので住居が借りるハードルがメチャクチャ高いです。

しかし住み込みバイトなら、家賃は無料で無条件に住まいと住所を提供してくれます。このワーホリ・語学留学からの帰国後の住所不定問題を簡単に解決してくれます。

またリゾバ中はリゾバ紹介会社の社会保険や健康保険にも加入できます。社会保険に入っていればフリーターではなくリゾバ派遣会社の派遣スタッフ扱いとなるので、新しくマンションを借りる際にも定職に就いていると判断されて、入居審査がフリーターよりも簡単になります。

新しくクレジットカードを作りたいと思っても審査も通りやすくなります。

ワーホリ・語学留学の帰国後にてっとり速く金欠を解消できる

リゾートバイトをすれば1ヶ月に10〜20万円程度を貯金することができます。住居費が不要で、まかない料理などが支給されるので、食費・生活費・光熱費がほとんど必要ない場所も少なくありません。

お金がなくて就職活動自体ができないという状態からすぐに抜け出したいのであれば住み込みバイトは効率的に貯金することができます。

 

すぐに辞められる

通常のアルバイトを始めてしまうと、多くの会社が長期勤務の人材を求めており、すぐにやめられないことが多いです。短期希望者はバイトですら採用されないことが多いですし、男性の場合には20代中盤を越えるとバイトの採用率は格段に落ちます。

リゾバであれば、基本的な社会人としてのマナーがあれば採用されます。

リゾバも長期勤務は可能ですが、どちらかと言えば、2〜3ヶ月ごとに契約延長するといった感じなので、短期間で辞めやすいというメリットがあります。

 

 

リゾバなら海外からも面接や勤務地を決められる

世界地図

ワーホリ・語学留学帰国後、金欠状態ですぐにバイトしなければお金がない方も多いです。リゾートバイトのメリットとしては海外にいてもSkypeやFacetimeなどで面談してもらえ、勤務地や勤務日も海外に滞在したまま決めてしまうことができます。

通常のバイトだと、その働く場所に行って面接を受ける必要がありますが、リゾートバイトは基本的に紹介会社とのテレビ電話だけで、これから働く場所の合否を決定することができます。海外から帰ってきたらその日にでも、そのまま働くリゾート地に直行することが可能です。

またハッシャダイリゾートなど、一部のリゾバ紹介会社は航空チケットなどを先に手配してくれます。留学先から成田空港や関西空港に到着したら、そのまま沖縄や北海道など自分の好きな勤務地まで用意されたチケットで飛ぶこともできます。

ワーホリ生活・語学留学で学んだ英語を仕事で使える

「海外滞在中に遊びに夢中になって、肝心の英語力があまり状態しなかった…」というワーホリ・語学留学帰国者も多いです。海外言ってたのに、全く英会話が上達しなかったのではちょっと恥ずかしいですよね。

リゾートバイトはビジネスレベルの英会話力が必要な高級外資系ホテルから、少し日常英会話が話せればいい程度のカジュアルなリゾート施設まで、幅広くあるので、自分の現在の英語力にマッチした就業先を紹介してもらえます。業務を通じて英会話を上達させ、英語を業務で使った実務経験も獲得することができます。

またリゾバ勤務中はオンライン英会話を無料で毎日受講できる会社もあります。

ワーホリ・語学留学からの帰国者に多いうつ・無気力感に最適

ワーキングホリデーや語学留学から帰国した方の多くが悩まされるのは「うつっぽい感覚」や「やる気がでない無気力状態」です。

理由としては以下のようなことが考えられます。

 

  • 日本社会の閉塞感
  • 日本経済の停滞感
  • 履歴書の空白や年齢の問題
  • 新卒至上主義ですでにレールからはみ出している現状
  • 転職での面接でのワーホリ・語学留学経験者という理由で採用してもらえない

 

残念ながら日本社会ではまだまだワーホリ・語学留学は旅行や長期休暇と判断されて、キャリアとして扱ってくれる企業が少なく、多くの帰国者が再就職に苦しんでいます。普通の転職以上に面接でメンタルを削られます。

また、オーストラリアやアメリカなどおおらかな国民性の西欧諸国に滞在していると、日本人の他人に冷たい社会性が息苦しく感じる方も多いです。

リゾバは多くの元語学留学生・ワーホリ経験者の受け皿として機能しています。自分と同じように海外帰りの方が多いので1人で悩まずに相談相手になってくれる仲間が大勢いる環境がありますし、みんな自分と同じような将来への悩みを持っているので、自分1人だけで悩まなくてすみます。

またリゾバ紹介会社のコーディネーターの多くも語学留学・ワーホリ経験者だったりします。リゾバの紹介の他に語学留学帰りの方を積極的に中途採用している企業の紹介なども行っている会社もあるので、心強い相談相手になってくれるでしょう。

 

リゾート地なので、日本だけど日本じゃない海外のような非日常体験が味わえるのも、日本社会復帰のためのリハビリとしてはちょうどいいです。

もう一度ワーホリ・語学留学に行くプランニングをしてくれる会社もある

グローバルダイブ

ワーホリや語学留学から帰国して、もう一度海外に行こうと考えている方も多いです。Global Diveなど一部のリゾバ紹介会社の中には、語学留学・ワーホリのサポートも行っていたりします。

次回の海外滞在・留学の目的を明確化して、自分の希望にそったプランニングを行ってくれます。英語の使える就業先や料理人など海外で役立つようなスキルの身につくリゾバ勤務先の紹介をしてくれたりもします。

グローバルダイブは他の留学斡旋会社よりもかなり手数料が抑えられた良心的な会社です。

 

また自分と同じようにこれからワーホリや語学留学を考えている方が多い勤務場所にアサインすることができるので、リゾバ仲間同士で情報交換も可能です。

留学・ワーホリのグローバルダイブの評判・口コミや特徵を解説!
「なるべく費用を抑えて留学やワーキングホリデーをしたい」という方たちの間で、最近話題になっている留学支援サービスがGlobal Dive(グローバルダイブ)です。 「でも、他にある留学斡旋会社とグローバルダイブでは一体何が違うの?」 ...

ワーホリ・語学留学帰国後の正社員就職にもつながる

ビジネスマン

リゾバはアルバイトのようなイメージがありますが、1年程度同じ職場で働いていると正社員への打診もあります。

近年インバウンドという言葉が台頭してきたように、訪日観光客の対応ができる人材の需要が拡大してきたので、観光業界の多くの企業が英語が話せるスタッフの採用を積極的に行っています。

語学留学やワーホリから帰国した多くの方が観光業界で正社員として就職しています。リゾートバイトなら多くの勤務地にアルバイトという責任のない身分で潜り込み、勤めているホテルの労働環境や給与水準などを探りながら働くことができます。

観光業界で正社員としての転職を希望であれば、リゾバで働くのも最短ルートの1つといっても過言ではありません。

 

  • てっとり速く金欠を解消できる
  • 帰国後の住居が簡単に見つかる
  • すぐに辞められる
  • 海外からも面接や勤務地を決められる
  • 英語を仕事で使える
  • ワーホリ・語学留学からの帰国者に多いうつ・無気力感に最適
  • もう一度ワーホリ・語学留学に行くプランニングをしてくれる会社もある
  • 正社員就職にもつながる

 

以上が語学留学・ワーキングホリデーから帰国後にリゾートバイトがおすすめの理由です。社会のどこにも所属していないフリーター・無職、おまけに住所も社会保険もない状態から、再度日本社会に復帰するのにメリットが多いのがリゾート地での住み込みバイトになります。

リゾバ自体が海外留学にも劣らない非常に楽しい体験でリゾバスタッフ同士で毎夜パーティーが繰り広げられたり、遊びに出かけたりしているので、普通に就職活動する前に一度体験してみてはいかがでしょうか。

おすすめのリゾバ紹介会社は以下の記事を参考にしてみてください。

評判が良いリゾートバイト派遣会社とおすすめの職種を解説!
観光地で働く住み込みバイトのことをリゾートバイト(リゾバ)と呼びます。「同世代で楽しい思い出ができる」「スキーのリフト券や温泉が無料」「貯金しやすい」ということで20代を中心に評判のいいバイトの1つです。 日本には現在20以上のリゾー...