大学受験で失敗…もう浪人はできない…編入試験試験で最終学歴を変える

college student学生生活

大学受検に失敗し、もう浪人はできないので、偏差値的に不本意な大学に入学してしまった方もいると思います。しかし、結果的に、やる気のない学生生活を送ってしまい全く学生生活が楽しくないという方もいるのではないでしょうか?

もしくは専門学校や短大に通学しているけど、やっぱり4年制大学に行きたいと思っている方もいるかもしれません。

そういった大学受験に失敗して、もう浪人できない人の解決策としてオススメなのが大学の編入です。

編入とは

編入とは大学版の転校です。3年次(または2年次)に別の大学に移ることを言います。また短大・高専・専門学校から大学3年次に編入することも可能です。

編入と似た内容で、同じ大学で学部を変えることを転入と言います。

編入のメリット

編入にはいくつかのメリットがあります。

今の大学よりも偏差値の高い大学に行ける

編入試験の認知度は低く、学力のあるライバルは既に満足のいく大学に入学しているということで、穴場の入学試験です。

基本的に今いる大学のレベルよりも偏差値的に上の大学に編入できます。地方国立・MARCH・関関同立レベルであれば、高校時代どれだけ勉強していなかったとしても、誰にでも狙うことが可能です。

ちなみに編入試験と同様に大学院試験も簡単に入学できると言われています。地方国立大学卒から東大・京大の大学院への進学とかは余裕で狙えます。

勉強しなければならない受検科目が少ない

編入試験を実施する大学の多くは専攻科目・英語・小論文で合否を判定します。大学受験で必要な英数国理社のうち、必要なのは英語だけです。

あとは受検する専攻科目の試験と小論文だけで、学校によってクセはありますが、そこまで難しい勉強は必要ありません。そもそも大学1〜2年生の間はどこの大学も深い専門的なことを教えていないので、基本的な専門性を問うような問題を出題する大学が多いです。

つまり英語だけある程度頑張っておけば、編入試験というのは合格する可能性が格段に高まる試験です。

誰もが国立大学や有名私立大学に合格することが可能です。編入試験は最小の努力で最大のパフォーマンスが得られる抜け道のような試験です。

 

人気企業に就職できる

編入をすると最終学歴が変わります。最終学歴が変わるので、大手企業が暗黙の了解で設定している学歴フィルターでの書類選考落ちということがなくなります。

編入だったら前の大学名がバレて落ちるんじゃないかと心配している方もいらっしゃるかもしれませんが、エントリーシートの段階では詳細な履歴書は書きませんので、バレません。

書類選考が通ってしまえば、学歴はそこまで気にされません。そこからは本人の実力次第です。

知り合いで編入した人は大手ITコンサルの1つに就職しました。元々は短大に在籍していた方なので、短大卒でITコンサルは就職できなかったでしょう。

他にも編入生の同級生がいたそうですが、大半がメガバンクや大手証券会社、航空会社といった有名企業へと就職できたそうです。以前在籍していた大学や短大では就職することが難しいような企業に就職が決まっています。

編入のデメリット

ということで、大学試験に失敗してもう浪人できない方は、編入試験を受ければいいです。ただし、もちろん編入はデメリットもあります。

年度や場所によって募集人数にバラつきがある

編入試験は人員補充に利用されることも多いので、年によって募集人数にバラつきがあり、年度によっては募集しない大学もあります。

また若干名の募集の大学が多く、もし優秀な人がたまたまその年に受けていたら、別年度で受験すれば合格する学力なのに不合格になる可能性もあります。

ちなみに筆者が学生の頃は、編入試験は西高東低で関西の大学は編入試験に積極的で、特に神戸大学や立命館大学は毎年10名以上募集していたような気がします。編入試験対策予備校で専用のコースが設けられていた程です。

受検する大学を選択するときは、なるべく定員がある大学がオススメです。10名以上募集している大学がオススメです。人数が多いと編入後も編入生同士で助け合いができます。

単位の認定が不安定

単位がどれぐらい認定されるかどうかは編入する大学の方針によって決まります。1つずつ、前の大学と照らし合わせて認定する大学もあれば、数十単位を一括で認定するという大学もあります。場合によっては多くの単位を取得するハメになりますので、注意しましょう。

大学によって1年間に授業の受講可能制限が外れますので、1年に90単位以上取得できる場合もあります。

大学生活を満喫できない

基本的に編入後のキャンパスライフは楽しくありません。サークルに3年次からは入りづらいです。すぐに就職活動を考えなければならないです。編入生だと友達も作りにくいですし、学生生活はあまり楽しくありません。

文系編入の場合、学問が学びたいと真剣に思っている人はほとんどいないと思いますので、就職活動のことだけを考えて割り切りましょう。

 

まとめ

「大学受検に失敗して就職活動に絶望しかない」「短大や専門学校から大学に行って大卒しか入れない会社に入りたい……」といった方はぜひ編入試験を狙ってみてください。

編入試験を受ける本当の理由なんて学問じゃなくて就職先の格上げが理由です。

面接する教授も心の中では学問の為じゃなく就職のためだということぐらいは分かっています。それに一部の人は編入試験にて最終学歴を変えることを学歴ロンダリングとネット上では言われていますが、実社会では編入だろうとあまり関係ありません。

どんな皮肉を言われたとしても、編入試験には人生を変えるだけの力があります。

編入すると、以前の大学では書類落ちしたであろう企業の面接に呼ばれることができます。もちろん書類選考以降の就職活動はそれぞれの学生次第ですが。社会に出てからも、「編入しました」なんてことイチイチ説明する場面もありませんし、編入したことによって差別を受けることはほとんどありません。

「学歴ロンダ」だとバカにされるのはインターネット上だけです。大学受験で失敗して浪人できない方は「2・3年次編入」「大学院進学」などを検討してみてください。