期間工が地獄のようにきつい6つの理由

きつい 期間工

期間工として働き始めた方や、これから働こうと思っている方もいると思います。

でも…

期間工は地獄だから、やめとけ

みたいな話を聞いたことがある方もいると思います。貯金するために、これから期間工に応募しようとしている方にとっては不安ですよね。

そこで、どんな理由で期間工が地獄のようにきついと言われているのか、理由を解説したいと思います。

期間工が地獄のようにきつい6つの理由

労働環境がきつい

車

まず期間工は重機を扱う車の製造なので、とにかく重労働がきついです。重いものを掴(つか)んだり、運んだりする必要がありますし、バネ指になったりもします。

期間工は給与的には、中卒・高卒だろうと高い給料を保証されるのでやりがいはありますが、肉体的には、かなりの負担が掛かります。ブラジルなど南米出身の日系外国人労働者を受け入れているのはそれなりに理由があります。普通の日本人がしたくない辛い仕事が自動車メーカーの期間工です。

また、配属される部署によっても、労働のキツさに差があったりするので、運悪く辛い作業の担当になってしまうと、「きつい」と感じることも多いです。

さらに工場の仕事は基本的に単純作業の繰り返しでロボットのような仕事が求められます。期間工が初めての工場労働という方にとって、単純作業は時間の経過が遅く、地獄のように感じるかもしれません。

 

人間関係がきつい

期間工

期間工は契約社員なので、正社員のワーカーよりも立場的に弱いです。上司から理不尽な態度を取られても、反論できませんし、正社員の同僚とも対等な立場ではありません。どこか、よそよそしいですし、給与や福利厚生も違い、見下されているように感じる場合も多いです。

正社員のように長期的に会社が生活の面倒を見てくれるわけでもないので、正社員のように結婚など、人生を次のステップにすすめることもできません。

契約社員という立場は、派遣社員よりは多少マシですが、将来的なことを考えるとやはり、正社員としての就職先を考えるなどする必要があります。

 

期間工の同僚も元ニートやパチンコなどをしていて借金を作ってしまった人など底辺っぽい人が多いので、辛いという方もいます。

夜勤や残業がきつい

期間工は夜勤があります。定期的に昼夜逆転の生活があるので、夜勤をしたことがない方にとっては、生活リズムを上手く調節することができずに、体調を崩してしまう方もいます。

また繁忙期によっては残業もあるので、ただでさえ過酷な労働環境でクタクタになるのにも関わらず、さらに夜勤で体力を消耗することになります。

期間工になる方は、何かしら趣味などでお金が必要という方もいますが、その趣味に使える時間なども限られてきます。

 

夏は暑いのできつい

組み立ての工場だと基本手にエアコンがありません。夏は40度近くにもなる暑い中に作業をしなければならないので、汗ばんだり、熱中症のリスクがあったりと、働きやすい環境とは言えません。

気温が上がると頭がぼーっとして正常な判断ができなくなります。危険と隣り合わせの仕事をしていると、不慮の事故も発生しやすくなります。

寮生活がきつい

期間工は寮に住むことになります。期間工のような非正規雇用の寮はあまりしっかりしていないことが多いです。中には普通の1Rマンションのような個人寮を割り当てられることもまれにありますが、昭和レトロな和室の寮で、工場からも遠い場所にあるような寮になることが多いです。

期間工は車通勤禁止なケースもあるので、バスで通勤する必要もあります。一部のラッキーな人は工場から徒歩5分の寮に住める一方で、アンラッキーな人はバスで往復2時間以上掛かる遠方の寮になるケースもあり、当たり外れの差が激しいです。

個人寮ではなく3人でのシェアハウスのような共同寮のような場合があり、騒音やトイレ・シャワーの順番待ちなどが発生することもあります。他の期間工がおしっこを飛び散らかせたりする場合もあり、衛生面でもきついと感じる方も多いとの噂です。

期間工に応募する方の中には、性格や生活習慣が破綻している方もいるので、共同生活を送っていてストレスを感じることもあります。

女っ気なしできつい

デンソーなどの一部の部品メーカーは別ですが、自動車メーカーの工場は女っ気なしなのできついです。男ばかりの現場だと社内恋愛もありませんし、男ばかりなので、現場の雰囲気も殺伐としています。

仮に彼女がいても、寮に恋人を呼べない場所も多いので期間工として勤めている間は、恋愛を我慢している方も多いです。

期間工がきつい系の口コミ

ついでに期間工を実際に体験してみた人の「きつい」系の口コミを集めてみました。

 

寮が汚くて自分には住めるような場所じゃなかった…

初心者なのに一番ハードだと言われている部門に配属されたので、1ヶ月立たずに辞めた。人間的にもダメな上司で最悪でした。

寮と実際でバスで往復2時間とか、時間の無駄でしかない。期間工って案件ガチャっぽい部分があってほとんどギャンブル感半端ない…

 

ということで、体力さえあれば職歴・学歴なく稼げる期間工ですが、色々な理由できついと言われており、1日〜1ヶ月以内で辞めてしまう人も多いです。

「期間工はラクに稼げる」っとの意見もありますが、インターネットで検索されて上位表示されているようなブログに書かれている内容は、信用しない方がいいです。

期間工関連で検索上位表示されているブログは成果報酬型の広告が貼られているので、広告をクリックして申し込みをしたら、そこから報酬が支払われるケースになっています。だからツライことは書きません。

「期間工は意外とラク」「貯金ができる」「寮や食費が無料」「社会性も抜群」など色々とメリットがありますが、やはりきついと言われるだけのデメリットが絶対に存在することは念頭に入れてから応募するようにしましょう。

まとめ

  • 労働環境がきつい
  • 人間関係がきつい
  • 夜勤や残業がきつい
  • 夏は暑いのできつい
  • 寮生活がきつい
  • 女っ気なしできつい
  • ネットの「期間工がラクして稼げる」系の口コミは信用するな

以上が期間工がきついと言われる理由です。

特に肉体的なきつさは引っ越し業者や宅配便の仕事以上となるケースもあり、期間工がきついと言われる理由の中でも飛び抜けています。

体は資本ですし、体調崩して長期的に働けなくなったら元も子もないので、体力的に続けられなさそうな方は辞めておいた方が無難でしょう。

個人的にはお金を貯めるなら体力的にもラクで、女っ気の多いリゾートバイトとかの方が期間工よりもオススメです。

【2019年版】評判が良いおすすめリゾートバイト派遣会社ランキング
観光地で働く住み込みバイトのことをリゾートバイト(リゾバ)と呼びます。「同世代でパーティーできる」「スキーのリフト券や温泉が無料」「給与も高い」ということで20代を中心に評判のいいバイトの1つです。 日本には現在20以上のリゾートバイ...