テックアカデミーのJavaコースとは?オススメしない理由

テックアカデミーJavaコースプログラミング

人気プログラミングスクールのTechAcademy(テックアカデミー)。プログラミングを学習して就職・転職につなげたいと思っている方から特に人気のあるオンラインプログラミングスクールです。

特にJavaはテックアカデミーの中でも人気のあるコースの1つなのですが、あまりJavaについて知らないまま、誰かからオススメされたり、よく聞く名前だからという理由でJavaを選択している方が大勢います。

「Javaってそもそも何?」
「テックアカデミーのJavaコースってどうなの?」
「Javaエンジニアになったら幸せになれる?」

など色々と疑問ががあると思うので、テックアカデミーのJavaコースの特徴と個人的にはあまりおすすめしないのでその理由を解説したいと思います。

テックアカデミーのJavaコースとは?そもそもJavaって何?

Javaのロゴ

テックアカデミーのJavaコースでは以下のスキルを学びます。

  • Java/Sevlet/JSP
  • HTML5/CSS3
  • Git/GitHub
  • SQL

HTML・CSS(Webデザイン)やGIt/GitHub(バージョン管理)、SQL(データベース)などは他のコースでも学びます。プログラミング言語であるJavaや、JavaをHTMLと連携させたり、サーバーサードで使うのがSevlet/JSPといったものです。

テックアカデミーのJavaについて解説する前にJavaについて簡単に解説しておきたいと思います。JavaはOracleというアメリカのビジネス向けソフトウェア会社が開発しているプログラミング言語です。もともとは1995年にサン・マイクロシステムズが開発した言語でしたが、オラクルに買収されています。

Javaはマインクラフトといったゲーム開発にも使われていますが、メインとしては企業の業務アプリケーションに使う言語です。

Javaで作るとWindowsだろうがMacだろうがOS関係なく同じような動作するアプリケーションが制作できることや、オープンソースでははなく企業がしっかりと開発・サポートしていることから、信用が重要な業務アプリケーションの世界では断トツで普及しています。

一般的に企業のシステム開発を行っている会社をSIerと呼びます。エンジニアというと、どうしてもFacebookやLINEみたいな普段の日常でみんなが使っているようなWebサービスなどを連想してしまいますが、こういった娯楽に使うアプリケーションにJavaが使われることは稀です。JavaはSIerが使う言語です。

ということでテックアカデミーのJavaコースで学んで就職を狙うということはSIer(システム開発会社)のITエンジニアを目指すということになります。

テックアカデミーのJavaコースの学習内容ですが、Javaを用いて問い合わせフォームやメッセージボード(掲示板)、日報管理システムなどが作れる内容まで学習します。ページ間でデータの受け渡しを行えるようになるぐらいのプログラミングをJavaでできるようになるというイメージです。他のプログラミングスクールとレベル的には同じぐらいです。

ちなみに問い合わせフォーム・メッセージボード・日報管理システムですがRubyやPHPなどのテックアカデミーの他のコースを選んでも大体ページ間の情報の受け渡しの初歩的な部分ぐらいまで学びます。プログラミングのカリキュラム自体は他のWebアプリケーションコースやPHP/Laravelコースとそこまで大きく変わらず、単純にどの言語をベースにプログラミングについて学ぶかというだけの違いです。

ただJavaと他のコースを選択した場合に違ってくるのは就職先です。

テックアカデミーの公式サイトにはJavaコースは「Webエンジニアとして活躍したい社会人の方」におすすめされていますが、Javaは上で述べたように、Webエンジニアというよりもシステムエンジニア(SE)が使うプログラミング言語です。

Javaを選ぶと、将来スーツ着て着るような会社に就職するようなことになります。私服で働けるようなWebサービス作っている会社で働けるWebエンジニアになるにはJavaではなくRuby(Webアプリケーションコース)やPHPを学ぶ必要があります。

Webエンジニアとシステムエンジニアの違い

またテックアカデミーの公式サイトにはJavaコースがおすすめなのは「時間と場所にとらわれない働き方をしたい方」ともありますが、時間と場所にとらわれない働き方をしたいのであれば絶対にJavaは選んじゃいけません。

リモートワークが可能な言語はWeb系言語(RubyやPHPなど)であり、業務アプリケーションに使うJavaは企業の機密情報扱うので客先常駐という勤務形態になることが多いので、時間と場所に縛られてしまいます。

Javaを選ぶメリットとしては自由なワークスタイルというよりも、WebアプリケーションコースやPHPコースよりも就職しやすいことです。求人数の絶対数が違います。未経験からITエンジニアになりたいのならJavaが最もハードルが低いプログラミング言語になります。

Webエンジニアの将来性が高い理由と文系未経験からなるには?
「WebエンジニアってSEと違うの?」「文系でも就職できるの?」「労働環境ブラックなの?」など疑問が浮かぶと思います。そこでWebエンジニアの仕事内容や将来性、おすすめのプログラミング言語、未経験からの就職方法について解説したいと思います!

テックアカデミーJavaコースとエンジニア転職保証コースどっちがいいの?

ちなみにテックアカデミーではJavaコースと良く似たコースでエンジニア転職保証コースというものがあります。

テックアカデミーの転職支援と転職保証コースはどっちがいいの?
テックアカデミーの就職サポートとしては「テックアカデミーキャリア」と「エンジニア転職保証コース」があります。どっちがいいのか分からない方も多いと思うので、「テックアカデミーキャリア」「エンジニア転職保証コース」の特徴と、どちらがオススメかを解説したいと思います。

エンジニア転職保証コースではJavaを学んで転職保証も行うので、ぶっちゃけ上位互換です。カリキュラム的にもほとんど同じなので、あまりJavaコースの必要性がないような気がします。おすすめするとしたらJavaのプログラミングは学びたいけど、就職する気はないという方ぐらいですかね…

あとぶっちゃけJavaで就職となると就職先企業の大半はSES企業という派遣会社モドギになります

客先常駐という勤務体系は派遣社員とあまり変わらないので、ぶっちゃけ無料でプログラミング学ばせてくれるスクールも多いですね。たとえばプログラマカレッジやギークジョブなどです。

テックアカデミーではお金を支払って学ぶ必要がありますが、そもそも就職が決定すれば紹介料としてキックバックをもらっているプログラミングスクールが多いので、そちらで就職した方が良いと思います。SES系は無料でも有料プログラミングスクールでも就職紹介先は対して変わらないですね。

Javaを学んで就職したいなら無料で学べて転職サポートもしてくれるギークジョブの方がテックアカデミーのJavaコースよりも良いと思います。

ただ個人的にはJavaでSESルートはおすすめしないので、テックアカデミーでプログラミングを学ぶならWebアプリケーションコースかPHP/Laravelコースを選んでWebエンジニアを目指すことを強くおすすめします。

おすすめの格安・無料のプログラミングスクール!安いデメリットは?
20代はお金があまりありませんよね。そこでなるべく安い、格安・無料のおすすめプログラミングスクールを紹介したいと思います。合わせて無料プログラミングのデメリットなどについても解説したいと思います。
評判が悪い?テックアカデミーの全コース・料金プランを徹底解説!
テックアカデミーはコースだけでなく、料金プランも複雑で、どれを選んだらいいのか分からない方も多いと思います。そこで、テックアカデミーの特徴やおすすめコース、選ぶべき料金プランについて解説したいと思います。