シェアハウスのドミトリーとは?体験した感想とオススメしない理由

オークハウスのドミトリーシェアハウス

テラスハウスなどを見て、シェアハウス生活を体験してみたいと思っている方も多いと思います。

シェアハウスって住居をシェアするんだから家賃も安いかと思ったら、意外と家賃が安くないですよね… むしろその地域のワンルームマンションより高い場合もあります。

シェアハウスの検索サイトを見ていると、「ドミトリー」という物件が安いので、興味が湧いた方も多いと思います。

そこで

「ドミトリーとは何か」
「なぜドミトリーのシェアハウスは安いのか?」
「ドミトリーのメリット・デメリット」

についてドミトリーに住んだ経験のある筆者の体験談も交えながら解説してみたので、参考にしてもらえれば幸いです!

シェアハウスのドミトリーとは?

テラスハウスのドミトリーテラスハウス

ドミトリーの意味について、よく知らない方もいると思うので、簡単に解説しておきたいと思います。

ドミトリーとは、ベッドルームが個室ではなく1つの部屋を複数人(2〜8)人でルームシェアするスタイルのシェアハウスです。

イメージしやすいのはテラスハウスだと思います。テラスハウスはベッドルームを3人1部屋で生活していますよね。実際はあんなおしゃれな設計ではありませんが、相部屋で生活するシェアハウスをドミトリーと呼びます。

【7th WEEK】「僕、悩んでます」

個室ではなくドミトリーを選ぶメリットとしては、基本的には「家賃が安い」これだけの理由です。シェアハウスによっては個室の半額以下で住めるケースもあります。

家賃相場としては4万円未満のドミトリー物件が4割を超えます。シェアハウスは東京の物件が大半ですが、東京のワンルームアパートの相場以下の格安価格で住めるので地方の若者が上京時によく利用されています。

シェアハウスのドミトリーの家賃相場出典:シェアハウスに関する市場動向調査結果について

 

ドミトリー物件の探し方としては「ひつじ不動産」などで、「ドミトリー」を検索条件にしてもらえれば検索ヒットすると思います。

 

ひつじ不動産でドミトリーの検索方法

他にもゲストハウスバンクなどもドミトリー物件が豊富な検索サイトです。

シェアハウスのドミトリーを体験した感想

筆者は大学生の頃に半年間だけドミトリーで住んでいた経験があります。そして体験してみた結果、ドミトリーは全力でオススメしません。

なぜ、シェアハウスのドミトリーをオススメしないのか住んでみた感想をシェアしたいと思います。

プライバシーなし

ドミトリーの最大のデメリットはプライバシーがないことです。トイレとシャワーを除けばシェアハウス内のどこにも1人になれるプライベート空間がありません。

1人になれる場所がないって相当しんどいです。今日は学校や仕事場で嫌なことがあって誰とも話したくなくても、ドミトリーだと全く人と話さないということができません。いろいろとちょっかいをだされるのが面倒です。

どこにいても精神的にくつろぐことができないので、結局筆者は半年程度でドミトリー生活をやめました。

同居人を選べない

ドミトリーの同居人は先に入居している方が承認すれば入居できるようなシステムではありません。管理会社の入居審査にパスした方が入居してきます。

入居審査にパスした方が人間的にしっかりしている訳ではありませんし、むしろドミトリーという家賃が安いぐらいしかメリットがない住居を選択する時点で何かしら事情がありそうです。ドミトリーは20歳前後の方が多いですが、ドミトリー自体が人気がないので、運営会社が30代・40代のクセが強そうな方も平気で入居させてきます。

20歳前後であれば、ドミトリーもアリかもしれませんが、25歳越えてドミトリーは正社員ではなさそうですし、一般常識もちょっと不安に感じてしまいます。

実際筆者が昔ドミトリーに住んだ際も「20代半ばでこれから俳優志望」「有名私立大学卒業しているのに就職せずにプラプラ」「バックパッカー帰り」「タイ人女性と結婚して日本に出稼ぎで一時帰国」みたいな一癖も二癖もある人たちばかりでした。

また新しく入居してきた方があいさつすらせず入居してきた方がいました。ちょっと気分が悪かったので、筆者側からも挨拶しなかったら、結局全く会話をしないまま同じ部屋で過ごすという、非常に居心地の悪い上京になってしまいました。

25歳以上で入居しても社会常識もないような年下から、タメ口で話されたりする可能性もあり、どの世代にとって居心地が悪いです。

シェアハウスはキッチンやリビングなどの共有スペースが充実していますし、飲み会なども頻繁に開催されるので、性格の合う方と共有スペースで交流するだけで十分です。

目覚まし時計で起こされる

目覚まし時計

ドミトリーで気になるのが目覚まし時計をセットできるかどうかです。バイトや仕事をしている方にとっては死活問題ですよね。

結論を言えば、目覚まし時計はセットしてもOKなシェアハウスが多いです。

ドミトリーで目覚まし時計は使ってもOKなので、朝はいくつもの時計がなるので、その度に起こされてしまうのがデメリットです。

また寝起きが悪い方は注意が必要ですが、目覚まし時計をスヌーズにして、なかなか起きないと他の方住居人に怒られることもあります。

また、就寝時間もそれぞれ違うので、せっかくぐっすり寝ていたのに、他の人が物音を立てて、起こされてしまうことも多かったです。ちなみにドミトリーは2段ベッドのことが多く、下のベッドは移動には便利ですが、頻繁に足音で起こされます。

また昼夜逆転の生活をしている方もいるので、昼間寝ている方がいる場合に、シェアハウスのルーム内でなにか物音がする作業をすると「寝れないから」と注意される可能性もあります。

また寝言・いびきがひどい方もいますが、これは生理現象なので、注意しようがありません。また、自分の寝言も人に聞かれていると思うと、なんか気持ち悪いです。

同じドミトリー内でもライフスタイルは全く違うので、睡眠の質的にもシェアハウスはあまりおすすめしません。

ドミトリーは荷物・貴重品の管理が大変

貴重品ロッカー

ドミトリーで心配なのが自分の荷物、特に貴重品の管理だと思います。プライベート空間がないとなると、どうやって管理しているのか気になりますよね。

シェアハウスによって異なりますが、一般的にドミトリーで貴重品を管理するための鍵付きのロッカーが用意されていることが多く、そのロッカーの中に貴重品を預けておくことになると思います。

他の日常品入れのボックスも別に用意されてあるので、そこに着替えやスマホ、パソコンなどよく使うモノは入れておく人が多いです。

ただし、この日常品入れは鍵もありませんし、勝手に開けられる危険性があります。特にドミトリー内で年下だったり、力関係が低いと勝手に開けられることもあります。いつのまにか、何か無くなっていたり、教えていない所有物についてなぜか他の同居人が知っていたりします…

スマホ・PC、その他換金しやすそうなものや、人にみられたくない書類などは、鍵のない物置スペースは信用せずに、貴重品ロッカーに預けておいたほうが無難です。

ドミトリーにいると「年齢」「性格」などで力関係が形成されます。ジャイアンみたいポジションになれなかった人は、盗難やその他トラブルに巻き込まれる危険性があるので、そもそもドミトリーはやめといた方がいいです。

現実はテラスハウスのようなオシャレなドミトリーはほぼ存在しない

相部屋(ドミトリー)といっても、やっぱりシェアハウスだとオシャレなインテリアになっていると思ったら大間違いです。だいたいのシェアハウスのドミトリーはこんな感じです…

典型的なシェアハウスのドミトリー

オークハウス新宿南口出典:オークハウス新宿南口

生活感まるだしで、大学や高校の寮みたいですね。これが現実のシェアハウスのドミトリーです。

それは格安シェアハウスだからでしょ(怒)! 他にもテラスハウスみたいなオシャレな相部屋をコンセプトとしたドミトリーがきっとあるはず!

と思っている方もいるかもしれません。

中には麻布の一等地にドミトリーのシェアハウスもありますよ。でも、たとえ一等地になるドミトリーでも所詮こんな感じです。

家賃5.5万円のグラン西麻布のドミトリー

オークハウスのドミトリー

確かにタイルなどはしっかりしていて小綺麗に見えますが、所詮ドミトリーなので、上でお伝えしたような相部屋生活のデメリットはあります。5万5千円も家賃払えるなら、少し都心から離れた場所ならワンルームのマンションやシェアハウスが十分借りれます。

一方で同じグラン西麻布の個室だとこんな感じです。

家賃15.2万円の西麻布の個室

シェアハウスのワンルーム

どちらに住みたいかは言うまでもありません。

港区の西麻布エリアだと、シェアハウスの個室は家賃10万円以上が普通になりますし、備え付けの家具類も、そこそこしっかりしたクオリティです。

個室の住人が家賃15万円で、ドミトリーが5万円だと経済格差とかもありそうな気がしますね。

筆者はこのシェアハウスに住んだことないので、詳しい内情はわかんないですけど、同じシェアハウス内で10万円も家賃に差があるとドミトリーの方は、経済感覚が合わなくて、同じ遊びができないような気がします。シェアハウス内恋愛も蚊帳の外になりそうな気がします。

とりあえず言いたかったことは、「テラスハウスみたいなドミトリーの部屋は普通はないよ!」ってことです。

テラハ出演者たちは、テレビの企画だから一緒にドミトリーに住んでいますが、経済的にもしっかりしている20代中盤〜30代前半の方が、わざわざオシャレさ求めて、ドミトリー生活するなんてことは現実世界ではありえません。ドミトリーというのは、家賃を安くする為に住んでいる方がほとんどです。

シェアハウスのドミトリー まとめ

  • ドミトリーとは2〜8人程度でベッドルームを共有する相部屋のこと
  • メリットは地域のワンルームアパート相場よりもさらに安く住める
  • プライバシーなし
  • 同居人はクセモノだらけ
  • 目覚ましは使ってOK
  • 貴重品は必ず鍵付きロッカーへ

シェアハウスでドミトリーを選ぶメリットは家賃の安さだけです。

自室がないのは精神的にも辛いですし、盗難などのリスクもあります。社会常識のないDQNと一緒に住まなければならないので、個人的には、たとえ自室が個室でも、ドミトリーを一部用意しているシェアハウスには入居したいと思いません。

女の子のドミトリーだったら、もしかしたらテラスハウスのようなオシャレな共同生活を送れる可能性もあるかもしれません。

しかし、ドミトリーは一緒に住む人を選ぶことはできませんし「18歳フリーターで田舎からアパレル業界で働くことを夢に上京してきたキラキラ女子」「40歳無職で元水商売経験者の無職」どちらがルームメイトになってもおかしくありません。

個人的にはドミトリー選ぶなら、恋人同士で住めるカップル部屋がベストではないかと思います。シェアハウス生活していると、かなりの人が恋人としてくっつくので、とりあえず1人部屋のシェアハウスに入居して彼氏・彼女を見つけて、その後に2人で住めるカップル部屋に引っ越せば家賃は安くなりますし、全く信用できない人と相部屋するよりも安全性も高いのでオススメです。

2019年最新!シェアハウスの検索サイトおすすめランキング
シェアハウスですが、どのサイトで探せばいいかお悩みの方も多いと思います。そこでシェアハウスを探すのにオススメの検索サイトをランキング形式で紹介したいと思います!