40代・50代でのシェアハウスってヤバい?

40代 シェアハウス

40代・50代でシェアハウスへの入居を検討している方もいると思います。最近は30代でもシェアハウスに住んでいる方が3割もいて、もはや「シェアハウス=若者」ではなくなりました。

でもやっぱり40歳以上でシェアハウスって色々と不安や疑問が浮かぶと思います。そこで40代・50代のシェアハウス事情やおすすめの物件の選び方について解説したいと思います!

そもそも40代以上でシェアハウスって入居できるの?

そもそもシェアハウスって40歳以上でも入居できるのか気になる方も多いのではないでしょうか?

普通の賃貸でも高齢になってくると審査落ちしてしまったり、問い合わせた時点で門前払いされるという話も少なくありません。

実はシェアハウスにも年齢制限があります。厳しいところだと35歳以上ぐらいから入居不可などの年齢制限があったりします。シェアハウスに年齢制限がある理由は、以下のような理由からです。

 

  • 若い世代と馴染んで生活を送ることが難しい
  • 高齢の独身者は経済的・社会的に問題を抱えていることが多い
  • シェアハウス運営会社にとって若い人の方が管理しやすい

 

ただし、全てのシェアハウスが年齢制限を設けている訳ではないので、比較的かんたんに40代以降でも入居できる物件は見つかります。

しかし、たとえ40代以降入居OKだととしても40代・50代でシェアハウスに入居を検討している方たちにとって一番の不安が、

 

40歳でシェアハウスって、やっぱり年齢的におかしいのかしら?

といった世間体かもしれません。

 

「シェアハウスに関する市場動向調査結果について」の統計データを見てみると、確かに40代・50代・60代でのシェアハウス入居率は合わせても全体の1.4%しか存在しないことになっています。

 

シェアハウスの住む年齢層
出典:「シェアハウスに関する市場動向調査結果について」-国土交通省-

 

この国土交通省はどのシェアハウスからサンプリングを取得したのかは不明ですが、筆者の体感だと40代は5〜10%程度はいるような印象です。

特に40代に関しては30代からシェアハウスに住んで40代に突入してしまったグループがいるはずなので、40・50・60代が1.5%というのは流石に少なすぎる気がします。

 

50代以降でシェアハウスに住んでいる人は存在するの?

50代以降でシェアハウスに住めるか検討している方もいるかと思いますが、こちらは40代とは違ってミドルではなくシニアにカテゴライズされ、20代との共同生活はさらにハードルが高くなります。

しかし、結論から言えば、50代以降でもシェアハウスには住めます。

たとえば単身赴任とかしている方などはシェアハウスに住んでいますね。あとは別居などを理由を理由に一時的にシェアハウスに住む女性の方もいます。

連帯保証人が不要なので、離婚などを理由に独身となった50代が気軽に入居できる住まいとして重宝されているので、特殊な状況でシェアハウスに入居してくる方が多いです。

ただし40代よりもさらに入居審査が厳しくなることや、惰性で30代からシェアハウスに住んで50代に突入してしまう人は少ないので、同世代はほとんどいないと考えた方がいいでしょう。

50代はシェアハウス内での楽しい交流は期待せずに「気軽に入居できる賃貸」として割り切って使う方向けです。

 

40代・50代でシェアハウスに入居する際の注意点

40代・50代でシェアハウスに入居する際の注意点としては以下3点があります。

  • シェアハウス内恋愛は諦める
  • 交流は期待しない
  • 愛想よくする

シェアハウス内恋愛は諦める

30代までであればシェアハウス内恋愛もありますが、40代となるとシェアハウス内恋愛は基本的に起こりません。

シェアハウスでは中年として扱われるので、恋愛に淡い期待を寄せて入居しても、気持ち悪いおじさん扱いされるだけなので、シェアハウス内で年下の彼女をゲットするのはあきらめましょう。

 

ちなみに女性で40代・50代で住んでいる方はすでに結婚願望がない方が多いです。

30代は比較的婚活などでアクティブに活動している方もいますが、40代ともなれば、婚活などの行動をしている方は少なくなります。そのかわり、1人の私生活を楽しんでいる方も多いように思えます。

よって40代同士での恋愛もほとんど起こりません。

 

 

交流は期待しない

シェアハウスで交流で楽しい共同生活を期待している方もいると思いますが、基本的に20代と40代・50代の交流は年齢を気にする日本社会では年下世代が気を使うので、期待しないほうがいいでしょう。

人数の少ないシェアハウスだと、かたくなに自分が共有スペースに入ると逃げられることもあります。年上の存在というのはいつの時代も基本的に煙たいです。

年下から話しかけられたり、イベントに招待された場合のみ参加するなどの受身的な交流が中心となると思います。

愛想よくする

40代・50代でシェアハウスに入居を検討している方は愛想よく振る舞うことを心がけましょう。

基本的に年齢関係なく愛想よく振る舞うべきですが、40代・50代でシェアハウスに入居している方(特に男性)は偏屈に見える方が多く、あまり楽しそうではない方が多いです。

考えられる理由としては以下のようなことが挙げられます。

  • 収入が不安定だから
  • 非正規雇用だから
  • 結婚相手が見つからないから
  • 人間性に問題がある

40代以降でも女性の方は几帳面で、共有スペースとかもキレイにしてくれる面倒見の良いような方もいます。社交性も高く、他の住民にしたわれたり敬われたりしている女性が多いです。

しかし、男性の場合は社交性がない方が多く感じが悪くみえがちです。

たとえば勝手に人が使っている共有キッチン用品を持っていったり、オートロックを解除したら後から来て勝手に入っていってしまったりなど、ちょっとしたことで声がかけられません。また自分の要望に関しては初対面でも上から目線でタメ口で要求したりします。(年下でも親しくないなら丁寧語が普通です)

普段からしかめっ面で、無言でモノを移動させたりするので、感じが悪く見えてしまうおじさんが目立ちます。他の住民や管理人さんとも口論しているのも見かける割合としても多いです。

もちろん、実際に話してみたら、「本当はすごく感じのいい人だった」みたいなケースもあると思うのですが、40代以降で積極的に年下世代と交流しようとしている男性が少ないのと、住民側も特に興味がなく知ろうとしないので、良いイメージが少ない傾向があります。

しかし、もちろんシェアハウスの中年男性全てがダメな訳でなく、年下世代からも尊敬される人生の先輩もいます。

たとえば、プロギャンブラーとして有名なのぶきさんなども、合理的な選択をしてシェアハウス(オークハウス)に住んでいる40代男性です。経歴だけでなく人間性にも魅力もありますし、のぶきさんに憧れる方も多く、若い世代の相談などにも乗っているようです。

他にも海外移住していて一時的に日本に帰国しているような方もいて、そういった方はシェアハウスの住人からも頼もしい兄貴分的な存在で人気者になるケースがあります。

また1人コンサルティング会社を経営している方などは行動力を活かしてシェアハウス内でもイベントを積極的に主催したりなど、20代の多いシェアハウスでも中心メンバーの1人となることがあります。

40代・50代で若い世代と交流のあるシェアハウス生活を送りたい場合には尖った経歴や高いコミュニケーション能力があれば可能かもしれません。

他にも頼もしい兄貴分とまではいかないまでも、以下のような行動をとれる40代・50代はシェアハウス内でもしたわれている傾向があります。

  • 20代の考え方が子供に見えても上から目線での発言をせず謙虚に振る舞う
  • あいさつを自分からする
  • 食器の整頓などを率先して行う

40代・50代のシェアハウスの選び方

最後に40代・50代が選ぶべきシェアハウスについて解説しておきたいと思います。40代・50代が選ぶべきシェアハウスとしては以下の2つから選ぶのがオススメです。

  • 大型シェアハウスを選ぶ
  • 40代以降限定のシェアハウスを選ぶ

大型シェアハウスを選ぶ

まず一番オススメなのが部屋数30室以上の大型シェアハウスです。大型シェアハウスは人間関係が希薄なので、20代の人と無理にコミュニケーションを取る必要がありません。清掃業者が入るので、掃除当番もありませんし、住民同士での話し合いなどが開催されたりもしません。

単純に気軽に入居できるワンルームマンションとして利用したいのであれば、大型シェアハウスがおすすめです。

40代以降限定のシェアハウスを選ぶ

シェアハウスの中には40代・50代のシニア層をターゲットとしたシェアハウスもあります。その場合には20代・30代は入居できません。熟年離婚などで再び独身などになった方向けのシェアハウスです。

よって大人な空間が約束されていますし、年下から失礼な態度を取られて気分を悪くしたり、マナーの悪さにストレスを感じる心配性がありません。

ただし一軒家などをリノーベーションした小型のシェアハウスなので、他の住民の生活習慣や性格が合わないということもゼロではありませんし、多少濃い人間関係を形成する必要性があります。

まとめ

  • 40代・50代でもシェアハウスに住める
  • 40代のシェアハウス割合は体感的には住民全体の5〜10%程度
  • 賃貸よりも審査が簡単なので一時的な住まいとして人気がある
  • 若い世代と同等の楽しい共同生活は期待できない
  • 態度が悪い40代・50代の男性が多いので注意する
  • 大型シェアハウスがオススメ

40代以上でもシェアハウスに住むのは決しておかしくはありません。特にシェアハウスは賃貸契約よりも審査が甘いので、単身赴任や離婚など様々なケースでシニア世代がシェアハウスを利用しています。

イベントなどを一緒に楽しむ機会は少ないかもしれませんが、部屋数30室以上の大型シェアハウスなら人間関係も希薄で40代以降でも過ごしやすいのでぜひ検討してみてください!