侍エンジニア塾のフリーランスはおすすめできない?

侍エンジニア塾 プログラミング

人気プログラミングスクールの侍エンジニア塾。数あるプログラミングスクールの中で侍エンジニア塾を利用する理由が「エンジニア未経験からフリーランスになりたいから」です。

IT・Web業界でプログラマとして働いたことがない方が、侍エンジニア塾で学んだら、就職しなくてもいきなりフリーランスエンジニアになれるのでしょうか?

他にも

「侍エンジニア塾の他にフリーランス向けのおすすめのプログラミングスクールは?」
「フリーランス目指すなら、やっぱりフリーランスコースなの?」

など様々な疑問が浮かぶと思うので解説したいと思います。

フリーランスに強いプログラミングスクールは侍エンジニア塾とテックエキスパートだけ

テックエキスパート渋谷

これからプログラミングを学んでエンジニアになると思っている方の中には「就職しないで、いきなりフリーランスエンジニアになりたい」という方も多いのではないでしょうか? フリーランスエンジニアの方が儲かりそうなので、いきなり独立を目指している方も多いと思います。

プログラミングスクールは通学・オンライン合わせて、数多くのスクールが存在しますが、その中で未経験からプログラミングを学んで、そのままフリーランスエンジニアになれるスクールはほとんどなく、実は「侍エンジニア塾」と「テックエキスパート」の2校だけです。

基本的に就職せずにいきなりフリーランスになるのはハードルが高いので、どこのプログラミングスクールでも推奨していませんし、いきなりフリーランスになれるようにカリキュラムを設計していません。

では、どういう点で侍エンジニア塾がいきなりフリーランスになれるプログラミングスクールかというと、クラウドソーシングでの案件を手伝ってくれるからです。

クラウドソーシングとはランサーズクラウドワークスのようなWebサービスで「外注を探している法人」と「案件を探しているフリーランス」を結びつけるWebサービスで、オンライン上で仕事の獲得からやり取り、報酬の支払いまでが行えるビジネスマッチングサイトです。

クラウドソーシングでの仕事の獲得はコミュ障で営業力が低い方や地方在住の方にとっては強力な営業支援ツールとなってくれます。

侍エンジニア塾ではクラウドソーシングで効率よく案件を受注できる方法の指南から、獲得した案件を講師の先生のサポートしてもらいながら、実際に納品するまでを経験することができます。

もちろん納品すれば報酬を獲得することができるので、少し高めの授業料の侍エンジニア塾ですが、受講期間中に稼ぐことによって利益を出せる数少ないスクールなので、実は隠れた高コストパフォーマンスのプログラミングスクールだったりします。侍エンジニア塾の受講中に講師の先生が案件を二人三脚で納品するまでサポートしてくれるプログラミングスクールは侍エンジニア塾しかありません。

ちなみにもう1ついきなりフリーランスが目指せるプログラミングスクールの「テックエキスパート」ですが、こちらはクラウドソーシングでの営業ではなく勉強会などに参加しながら、人脈を広げて、Web系ベンチャーからの案件受注を目指します。

基本的に人と直接会って高単価の案件を狙っていくので、Web系ベンチャー・スタートアップが集中している東京に住んでいる方、上京する意志のある方向けになっています。

基本的にテックエキスパートではフリーランスとしてどこかのWeb系ベンチャーに業務委託契約を締結できた時点でフリーランスエンジニアの仲間入りとなり卒業となるために、侍エンジニア塾のように実務案件のコーディングサポートなどは行いません。

未経験からフリーランスエンジニアを目指している方にとっては、最初の1つ目の案件こそ一番不安だと思うので、その部分をサポートしてもらえるという点では侍エンジニア塾の方が優位性があるでしょう。

逆に業務委託として潜りも込める場所までで構わないので高単価の案件をクラウドソーシングを使わず直接取れるエンジニアになりたい場合にはテックエキスパートがオススメです。

フリーランスが強みのテックエキスパートの評判は?就職や言語も解説!
「テックエキスパートの特徴って何?」
「就職っどんなところ?」
「いきなりフリーランスって目指せるの?」など色々な疑問が浮かぶと思います。そこでテックエキスパートの評判の特徴、学ぶ言語、就職サポートなどについて解説したいと思います。

侍エンジニア塾ではいきなりフリーランスエンジニアを目指せるけど20代なら就職がオススメ

フリーランスエンジニア

ということで侍エンジニア塾とテックエキスパートなら、いきなりフリーランスエンジニアを目指すことができるカリキュラムになっていますが、個人的には20代であればまずは就職をオススメします。

というのも、アルバイトスタッフ・契約社員・正社員関係なく、その会社と主従関係がある方が、先輩エンジニアからアドバイスをもらえたり、育成してもらえる環境を整えてくれやすいからです。

フリーランスエンジニアはあくまで外注スタッフであり、外注の成長などまで面倒を見てもらえません。何より、いきなり即戦力を求められるのでハードルが高いです。

フリーランスエンジニアといっても、クラウドソーシング以外だと基本的は会社に出勤して働くワークスタイルが多く、正社員のエンジニアと同じような働き方です。クラウドソーシングのように完全リモートワークのフリーランス案件が少ないです。

勤務していて、雇用契約のない外注さんということで、積極的に技術的なアドバイスをもらえずに、どことなく疎外感を感じてしまうことも少なくありません。時給こそ高いものの、派遣社員に近い扱いです。

やはりエンジニアとしての成長はどこかの会社に就職してしまった方が早いですし、職歴としてもエンジニアの職歴がフリーランスしかないのと、1社でも会社勤めしているのでは信用力が違ってくるので20代であれば1〜2年程度はどこかの会社で勤める方が無難です。

クラウドソーシングサイトでも案件獲得は可能ですが、クラウドソーシングソーシングは常駐するエンジニアと比べると価格下落圧力が強く、安い仕事になりがちで使うスキル的にも魅力的でなかったりします。クラウドソーシングでしか仕事が取れないと後々エンジニアとして伸び悩むかもしれません。

また実際に現場で働くWeb業界の方たちは会社勤めをした経験のある方が圧倒的に多く、フリーエンジニアの仕事の大変さも十分体感しており、いきなりフリーランスエンジニアになるという考えには否定的な方も多いです。採用決定権は現場のエンジニアが持っているケースも多いので、やはり一度どこかの会社に務めておいた方が、面接の際に会話をしやすいですし、フリーランスとしても案件獲得しやすいです。

ただし30代での未経験エンジニアとかだと、なかなか難しいものもありますよね。そんな場合には侍エンジニア塾などでWebデザイナーやワードプレスサイトのPHPエンジニアなどを目指してみるのがいいでしょう。

WebサービスではなくWeb制作(ホームページ制作会社)案件は昔から主婦がパソコンスクールで学んで実務経験のないまま独立する、いきなりフリーランスが行われてきた業界です。東京のWebサービス開発会社のような高単価案件は少ないですが、いきなりフリーランスになる難易度は低いので、選択肢としていきなりフリーランスしかないという方であればWebデザイナーやワードプレスの使えるPHPエンジニアあたりを目指してみるのがいいでしょう。

侍エンジニア塾のフリーランスコースとは?

侍エンジニア塾コース

侍エンジニア塾コースにはフリーランスコースというものがあります。公式サイトではフリーランスになりたい方向けの3ヶ月コースとなっていますが、実際にフリーランスを目指す方は6ヶ月のビジネスコースを選んでいる方が多いようです。

個人的にも就職を目指すビジネスコースといきなり自営業を目指すフリーランスコースなら、当然フリーランスを目指す方が就職よりも難易度が高いので、時間がかかると感じます。

とりあえず就職目指すなら3ヶ月コース、フリーランス目指すなら6ヶ月コースが個人的にはオススメです。

ちなみに侍エンジニア塾の1ヶ月コースはほとんど選択する方はおらず、すでに独学している方以外は就職すらできない可能性が高いです。

侍エンジニア塾の講師は80名のフリーランスエンジニア

侍エンジニア塾の講師は現在約100名のフリーランスエンジニアで構成されています。大学生や引退したITエンジニアではなく現役でどこかの会社から案件を請け負っているフリーエンジニアです。

現役でフリーランスをしているからこそできるアドバイスできることや、案件獲得のコツやトレンドなどの情報も教えてもらえるので、テックキャンプなど大学生が勤めている他のプログラミングスクールよりも、フリーランスを目指すのであればマインド面で色々と実り多いものとなるので、とりあえず一度無料カウンセリングを受講してみてもいいかもしれません。

【2019年版】評判通り?侍エンジニア塾の体験レッスンや特徴を解説
人気プログラミングスクールの1つである「侍エンジニア塾」。興味を持っている方も多いのではないでしょうか? 侍エンジニア塾はオンラインのプログラミングスクールでは最大手の位置づけですが、Googleサジェストがネガティブなワードを提案し...