所持金がない!リゾバって給与の手渡しできる?

バイト手渡しリゾバ

リゾートバイトなどの住み込みバイトで、手渡しを希望している方も多いと思います。

リゾバに興味があるけど、所持金が少なくて、現地までの交通費や食費が心配… 日払いの手渡しってできる?

という方も多いのではないでしょうか!?

そこでリゾバの給与の手渡しは可能なのか解説したいと思います!

結論:リゾバで日払い手渡しは無理!手渡しできない理由

まず「給与手渡し」という条件で探せるリゾート求人サイトはフリーワード検索機能のあるヒューマニックの運営する「リゾバ.com」だけです。求人数的には最大手のリゾバ派遣会社の求人サイトになります。

リゾートバイトのごく一部では手渡しも実行しています。ただし、「勤務最終日に手渡し」です…

 

リゾバ手渡し

つまり銀行口座を持っていない方用のシステムですね。大半の方が最低でもゆうちょ銀行は持っていると思いますし、他の銀行口座もすぐに開設できますし、いまいち勤務最終日に手渡ししてもらうメリットが見当たりません。

おそらく手渡しを希望する方の多くは、所持金が少ないので「日払いの手渡し」を希望している方ではないでしょうか? やっぱり学生や20代前半のフリーターだと、所持金って少ないですよね。

リゾバに限らず、最近は手渡しのある求人はほとんどなく、工場などへの日雇い派遣でも振り込みのケースが大半です。少しは日払いの手渡しのある仕事も残っていますが、ブラックな労働環境だったり、怪しい商売のケースがあるので、手渡しの仕事自体に関わらない方が身のためでしょう。

ちなみにリゾートバイトは基本的に派遣なので、雇用主は勤務地ではなくて、リゾバ派遣会社になります。勤務地の会社が派遣会社にリゾバスタッフの派遣の対価としてお金を支払っています。そのお金をリゾバスタッフに支払う形です。

つまり勤務地は雇い主ではないので、そもそもお金の話をできません。

 

そんなゴタゴタはどうでもいい! 現金がなくて、生活できない! 今すぐ住み込みのバイトしたいんじゃ!!

 

という方もいると思うので、リゾバでなるべく即金性を高めるためのテクニックを紹介しておきたいと思います。

手渡しはないけど、お金がない場合のリゾートの選び方

給与前借り制度があるリゾバ派遣会社を選ぶ

リゾバで手渡し希望の方は、おそらく手持ちの現金が少ない方で生活費にも困っている方だと思います。

そんな場合には、給与前借り制度があるリゾバ派遣会社を選んでみてください。月末締め翌月払いだと最悪働き始めてから、最初の給与まで2ヶ月ほど時間が発生し、その間に生活費お金がなくなる可能性もあります。

そういった手持ちの所持金が少ない方のために、働きはじめてから、給与の一部を前借りできる制度を用意しているリゾートバイト派遣会社もあります。

リゾバ求人サイト名前借り可能金額
リゾートバイト.com最大5万円
リゾバ.com働いた給与額の最大5割
はたらくどっとこむ働いた給与額の最大5割
アルファリゾート働いた給与額の最大6割

食費2〜3食無料の勤務地を選ぶ

リゾートバイトの中には食費が2〜3食分無料の勤務地地もあります。

旅館やホテル、併設のレストラン勤務の場合には2〜3食分の食事が無料で提供されることが多く、ご飯への出費を一切出さずに最初の給料日まで乗り切ることができます。

宿泊施設はまかない料理もレベルが高いので、食事としての満足度も高いです。

場合によってはまかない代として一部支給という形もあるので、食費補助の福利厚生については、しっかりとリゾバコーディネーターさんに確認しておきましょう。

逆にテーマパークや、スキー場、個人のペンションなど食事に力を入れていない勤務地では食事補助に関して当たり外れが激しいので注意が必要です。

 

家からの交通費の安い勤務地を選ぶ

リゾバの交通費は後日給与と一緒に振り込まれますが、勤務地までのバス・電車代や航空券は自分で一旦建て替える必要があります。

北海道や沖縄んどの遠方だと最初の交通費の出費が高くなるので、なるべく電車やバスで移動できる勤務地の方が、リゾバ生活をスタートさせるための持ち出金を節約することができます。

リゾートバイトを始めてから、シャンプーや歯ブラシなど日用品の購入などで1〜2万円程度の出費は必要となるので、その点も合わせて、交通費・必要な所持金を計算しておきましょう。

 

以前はハッシャダイリゾートが唯一航空チケットや交通費を全額支給していましたが、リゾバスタッフ側で色々悪事をたくらむ方がいたために廃止になりました。今は交通費の事前支給をしているリゾートバイト派遣会社はありません。

時給の高い派遣会社を選ぶ

いくらリゾートバイトで働いても、そもそもの時給が少なければ、あまり貯金できません。いつまで働いても貧乏なままです。

なるべく時給1,000円、できれば1,200円以上で、しかもシフトにもがっつり入れて、1日8時間以上勤務で残業手当も狙えるような職場がオススメです。

リゾートバイトでは最大手のリゾバ.comや、知名度の高い「はたらくどっとこむ」の時給はあまり高くありません。

時給1,000円以上を狙うのであれば、DMMグループのハッシャダイリゾートやグッドマンサービス(リゾートバイト.com)経由で紹介してもらうようにしましょう。これらのリゾバ派遣会社は、仲介手数料が低く設定されているので、同じ求人でも高時給で貯金しやすいです。

リゾバでの給与の手渡し事情まとめ

  • 給与前払い制度があるリゾバ派遣会社を選ぶ
  • 食費2〜3食無料の勤務地を選ぶ
  • 家からの交通費の安い勤務地を選ぶ
  • 時給の高い派遣会社を選ぶ

リゾバで日払いでの前払い制度がある求人はありません。

リゾートバイトは基本的に派遣バイトになります。まずは勤務先からリゾバ派遣会社(求人サイト)にお金が振り込まれ、そこからバイトスタッフの銀行口座に振り込まれます。

お金の話を相談できる相手は勤務地ではなく、リゾバ派遣会社になるので、間違っても勤務先の上司にお金の話をしないようにしましょう。

少ない所持金でもリゾバに参加したいのであれば、食事が無料で2〜3食付きで家から近くて高時給の求人を選ぶことをオススメします。ハッシャダイリゾートとリゾートバイト.comが、この条件で一番オススメのリゾバ求人サイトになります。

【2019年版】評判が良いおすすめリゾートバイト派遣会社ランキング
観光地で働く住み込みバイトのことをリゾートバイト(リゾバ)と呼びます。「同世代でパーティーできる」「スキーのリフト券や温泉が無料」「給与も高い」ということで20代を中心に評判のいいバイトの1つです。 日本には現在20以上のリゾートバイ...