夏のリゾートバイト(住み込みバイト)とおすすめ求人サイト

夏のビーチリゾートリゾバ

夏に人気のアルバイトといえばリゾート地での住み込みバイト、通称「リゾートバイト」です。20代を中心幅広い方々が働いていますが、特に夏は大学生の夏休みとも重なって、大学のサークル活動の延長線上のような活況な雰囲気の職場が多いです。

今年の夏は、リゾートバイトを経験しようと思っている方も多いと思うので、夏の住み込みバイト
の特徴やおすすめの仕事・勤務エリア、利用すべき評判のいい求人サイトを解説したいと思います。

 

夏の住み込みバイトのメリット・デメリット

那覇

まずは夏のリゾートバイトのメリット・デメリットについて簡単に説明しておきたいと思います。

  • 求人が多い
  • とにかく暑い
  • 恋愛が盛ん
  • 競争率が高い
  • 多くの大学生が夏休みを利用して参加している
  • バイト未経験者でも応募できる求人が多い

求人が多い

夏はリゾートバイトの季節の中でも屈指の繁忙期で、沖縄から北海道までありとあらゆる場所で大量に求人を募集しています。

日本全国の全都道府県がリゾートバイトのシーズンになるのは夏だけです。特に沖縄の離島(石垣島や宮古島など)に興味がある方は、他の季節は求人が少ないので、夏は最大のチャンスと言っていいでしょう。どの地域も人材がほしいので、若干時給が上がる傾向があるのもメリットの1つです。

 

とにかく暑い

夏の住み込みバイトのデメリットとしては、とにかく暑いことです。日本の夏は湿度が高いのでじめっとして蒸し暑いですよね。旅館の中居さんなどは着物を着なきゃいけないので、夏は結構疲れるかもしれません。

 

旅館の中居は基本的に室内作業なので、エアコンのおかげで涼しいですが、お出迎え・お見送りは夏の野外に出る必要があるので、中居をするなら北海道や長野などの本州の避暑地がおすすめです。

旅館と言えば京都ですが、京都の求人は経験者が求められることが多い上に、京都盆地のおかげで、蒸し暑いので夏はおすすめしません。

 

恋愛が盛ん

リゾバは基本手に恋愛が盛んですが、夏は1年の中でも特に活発です。リゾバに多いロミオとジュリエット型の短期恋愛が乱れ咲きます。

飲み会やパーティーも多いので短期恋愛したい方は、沖縄などのチャラチャラした20代を大量募集しているような勤務地を希望しましょう。

 

競争率が高い

夏は求人数も多いですが、参加者も多いので、条件のいい求人から決まってしまいます。リゾバ開始の3ヶ月前ぐらいからは求人検索会社にコンタクトをとり、早めに行動に移すことをおすすめします。

 

多くの大学生が夏休みを利用して参加している

夏は2ヶ月近くもある夏休みを利用して大学生が大勢リゾートバイトに参戦してきます。大学生にとっては同世代の友達をたくさん作れます。

一方、30代以上で住み込みバイトしている方にとっては、10歳以上年下の方と一緒に働くことになるので、年上に対するマナーなどの点で、若干わずらわしい部分もあるかと思います。

あまり年下と一緒に働きたくない長期のリゾートアルバイターは、夏は採用人数が少なかったり、落ち着いた雰囲気の勤務地を選んだ方がいいかもしれません。

 

バイト未経験者でも応募できる求人が多い

リゾートバイトには、何かしらのバイト経験が求められる求人も多いですが、夏の場合には施設によっては、全くバイト未経験でも受け入れてもらえる場所も多いです。

これまでバイトしたことないけど、いきなりリゾートバイトに挑戦したい方は夏が一番参入障壁が低いのでオススメです。

夏におすすめのリゾバ(住み込みバイト)の勤務地5選

以上が夏のリゾバのメリット・デメリットでした。総合的に見れば、メリットの方が多いですし、多くのリゾバ初心者が夏にはじめているので、興味がある方はぜひチャレンジしてみてください。

おすすめの勤務地や業種をいくつか紹介したいと思います。

沖縄

沖縄の離島

夏のリゾバといえば、人気なのはやっぱり沖縄です。透明度の高い海の近くで生活してみたいという方が大勢参加しています。

夏の沖縄のリゾバとして特におすすめなのが「マリンリゾート」「海の家」「プールやビーチでのライフセーバー」「豪華な設備満載のリゾートホテル」といった勤務地になります。

沖縄のリゾバは非常に人気が高くて、すぐに求人が埋まってしまうのですが、夏は多くの求人が募集されているので、比較的誰にでもチャンスがある時期になります。

沖縄は全国的に見てもレア求人が特に多い地域です。たとえば以下のようなレア求人が募集されています。

 

  • フォトグラファー
  • 水牛乗務員
  • パイナップル加工
  • アウトドアコンダクター(ツアーガイド)
  • ガーデナー
  • 離島キャバクラ
  • 家電量販店
  • 牧場スタッフ

 

沖縄の求人に興味がある方はこちらの記事も参考にしてみてください。

沖縄の住み込みバイト(リゾバ)の特徴とおすすめ求人サイト
「沖縄のリゾバってどんな仕事があるの?」「沖縄の離島だとどこがいいの?」「航空券で自腹なの?」など色々と疑問が浮かんでくると思います。そこで沖縄での住み込みバイトの特徴や職種、おすすめ求人サイトについて解説したいと思います。

北海道

北海道のリゾバ(住み込みバイト)

冬はスキー場のリゾートバイトの仕事が多いですが、夏の北海道は避暑地として非常に人気の高い観光エリアになります。雪がないからこそ、雄大な自然を満喫できるので、全国から登山やハイキング、温泉を堪能するために旅行に来ています。

北海道の夏のリゾートバイトの特徴としては外資系企業や国内大手リゾート会社によって土地のスケールを活かして開発された大型リゾートエリアが数多く存在することです。豪華施設で働きたい方にとっては北海道のリゾバも捨てがたい選択肢です。

 

外資系ホテルでの接客スキルなどを身に着けておくと、就職活動の際に役立つかもしれません。

 

 

夏でも外国人観光客が多いので、英会話のレベルを上げたい方にもおすすめです。

 

ただし沖縄、北海道は、最低賃金の関係なのか本州よりも時給が若干低め(時給1,000円)ぐらいの求人が多めになっているので、給料を重視するなら求人サイトの選び方が重要になってきます。

トマムやニセコなど勤務地によって特色が違うので、北海道の求人が気になる方は以下の記事を参考にしてみてください。

北海道のリゾバ(住み込みバイト)の特徴とおすすめ求人サイト
「北海道のリゾバってどんな仕事があるの?」
「おすすめの地域はどこ?」「短期でもできるの?」など色々と疑問が浮かんでくると思います。そこで北海道での住み込みバイトの特徴や職種、おすすめ求人サイトについて解説したいと思います。

高原

北海道だけが涼しい住み込みバイト先ではありません。日本全国にある高原のリゾバは基本的に夏でも涼しい避暑地に建てられていることが多いです。

本州の求人は北海道沖縄よりも時給が高めなので、北海道にこだわりがないのであれば、軽井沢や・岐阜・栃木などの避暑地で求人を探してみると涼しく働きやすい環境で、時給も妥協する必要がない求人が数多く見つかります。

場所によっては農業や牧場系の仕事が募集されていることもあるので、農業や畜産業に興味がある方は、高原のバイトに強い求人サイトを使いましょう。

 

テーマパーク

特に大学生に人気の高い業種が遊園地などのテーマパークです。夏ということで、地域によっては外での仕事は蒸し暑さで嫌になりますが、室内の仕事やプールの監視員など涼しい職場の仕事も多いです。

北海道や高原にあるテーマパークもあるので、涼しい夢の国で働きたい方は検討してみてはいかがでしょうか。

テーマパークでのリゾバ!ディズニーの住み込みバイトってあるの?
テーマパーク(遊園地)で住み込みバイト(リゾートバイト)をしたいと思っている方も多いと思います。 多くの方が「ディズニーランドやディズニーシーで働きたい!」って希望があるのですが、ディズニーリゾートでリゾバって募集しているのでしょうか...

リゾートホテル・温泉旅館

ホテル

最後は無難ですがリゾートホテルや温泉旅館です。やはりリゾートバイトや宿泊施設での接客業や飲食業が最も求人数が多く、大手リゾート施設になると一度に100名以上の大量募集が行われています。

施設に併設されている温泉や、温泉プール、ビーチが使いたい放題だったり、レベルの高いまかない料理が楽しめるなど、リゾバの楽しさの安定感があります。

また通常の旅館やホテルだけじゃなく、涼しい山間部に位置している「山小屋」「キャンプ場」「ペンション」といった宿泊施設でも募集されています。

 

夏のリゾバ(住み込みバイト)におすすめの求人サイトランキング

最後に夏のリゾバにおすすめの求人サイトをランキング形式で5つ紹介したいと思います。いきなり1位から紹介です。

1位:ハッシャダイリゾート(DMM)

ハッシャダイリゾート
夏のリゾートバイトで最強なのがDMMグループの運営するハッシャダイリゾートです。ハッシャダイリゾートには「沖縄と北海道の案件が豊富」「時給が他社より高い」「サポートが丁寧」「航空券を建て替える必要なし」といった特徴があります。

夏を制するものがリゾートバイトを制すると言わんばかりに、夏に強いリゾートバイト求人サイトがハッシャダイリゾートとなっています。ハッシャダイリゾート以外のリゾバ紹介会社は交通費はリゾバが終了した後に精算なので、面倒なのですが、ハッシャダイは先に手配してくれます。沖縄や北海道などは結構高くつくと思うので、その点だけでもハッシャダイリゾートを使う価値ありでしょう。

ちなみに、時給も相当高めに設定されていて、DMMグループだけあってサポート体制もしっかりしているので、夏のリゾバはまずはハッシャダイリゾートにコンタクトするのが鉄板です。ただし、3ヶ月以内の短期案件には弱いので、その場合には他の求人サイトをおすすめします。

【2020年版】ハッシャダイリゾート(トラバイ)は怪しい?評判を解説!
リゾートバイト(リゾバ)に興味があるけど、どこの求人サイトを利用すればいいのか分からないとお悩みの方も多いのではないでしょうか? リゾートバイトの紹介会社は無名の会社も多いので、どこか安心できるのか分かりづらいのがデメリットの1つです。 ...

2位:リゾートバイト.com(グッドマンサービス)

リゾートバイト.com
続いてはリゾートバイト.comです。リゾートバイト.comはサポート体制がいまいちなどと言われたりしていますが、時給の高さがハッシャダイリゾートに負けずおとらずの高水準となっており時給1,200円以上の案件も豊富です。

あと農業、牧場などの求人やリゾキャバといったナイトワークにも強いのでちょっと変わり種の夏の住み込みバイトを探してるのならオススメです。

はたらくどっとこむ(アプリリゾート)の評判・口コミ解説!
「長期休暇を利用してリゾートバイトにチャレンジしてみたい」 「留学・ワーキングホリデーの資金を短期間で貯金したい」 「リゾバの求人広告が気になった」 色々な理由で、リゾートバイトに興味がある方がいると思います。 リゾートバイ...

3位:はたらくどっとこむ(アプリリゾート)

はたらくどっとこむ
3位ははたらくどっとこむです。時給が上で紹介した2社より今いちなのですが、サポート体制は申し分なく、全国に営業所も抱えています。

はたらくどっとこむは、とにかく案件数が多いです。レア求人も数多く掲載しているので、沖縄や北海道でちょっと変わった仕事をしてみたい方ははたらくどっとこむに問い合わせてみることをおすすめします。テーマパークを探しているのであればアプリリゾートがおすすめです。

はたらくどっとこむ(アプリリゾート)の評判・口コミ解説!
「長期休暇を利用してリゾートバイトにチャレンジしてみたい」 「留学・ワーキングホリデーの資金を短期間で貯金したい」 「リゾバの求人広告が気になった」 色々な理由で、リゾートバイトに興味がある方がいると思います。 リゾートバイ...