未経験から30代でプログラマーになるには?40代は無理?

アラサー プログラミング

30代でIT業界未経験だけどプログラマとしてキャリアチェンジを考えている方が最近増えています。

1年の業務経験だけでフリーランスエンジニアとして月収50万円とかっていう話を聞くと、これまでのキャリアを捨ててでも、プログラマとして就職したいと思ってしまいますよね。

しかし30代の業界未経験からどうやってプログラマとして転職すればいいのか分からない方も多いと思います。そこで、30代以降が学ぶべきプログラミング言語や就職活動の方法について解説したいとい思います。

未経験から30代でプログラマー就職するために学ぶべきプログラミング言語3選

プログラミング

未経験から30代で学ぶべきプログラミング言語としては3つあります。

  • Java
  • HTML・CSS
  • PHP

Java

まず最初がJavaです。Javaは会社のシステムなどの業務アプリケーションに採用されることが多く、これまでのビジネス経験を活かしてプログラマとしてと志望動機が比較的作りやすいキャリアです。

そしてJavaがおすすめなのはとにかく求人数が多いので、就職しやすいといったメリットがあります。ITエンジニアといった言葉で紹介されている世間一般の求人の大半はJavaプログラマです。

Javaプログラマは30代から未経験を目指すなら最も可能性が高いのですが、デメリットとしてブラック企業が多いことです。プログラマとしての実戦経験を積みたいのにも関わらずテスターなどのプログラミングしない作業ばかりをさせられるリスクがあります。

また銀行のシステムなどの大規模プロジェクトが多いので、工程が細分化されすぎてて自分が何を作っているかすら分からず、その結果プログラマとしてのスキルがあまり上達しないといったデメリットもあります。Javaを選ぶ際には求人選びが非常に重要になってきます。

Javaはどちらかといえば保守的なプログラミング言語で、私服でノマドワークといったイメージからは程遠いので、筆者もあまり良いイメージがなかったのですが、実はフリーランス案件も豊富ですし、プログラミングは1つの言語で現場で通用するレベルになれば他分野のプログラマとしても転職しやすくなるので、30代が業界へ未経験就職するエントリーポジションとしてJavaプログラマを利用してみてもいいでしょう。

HTML・CSS

HTML・CSSはプログラマの言語ではありません。Webデザイナーが使うマークアップ言語です。30代からプログラマを目指すのであれば、比較的仕事内容が近いWebデザイナーも検討するのが個人的にはオススメです。

確かにWebデザイナーはプログラマよりも給与は低いのですが、そのかわり、フリーランスとして独立しやすい職種なので、結果的に会社員よりも稼げる可能性があります。

またプログラマはフリーランスになった場合にクライアントがIT業界のプロですが、Wegデザイナーだと中小企業や個人事業といった素人がクライアントということもあり、技術的なレベルは低くても通用しやすいという特徵があります。

実際、WixやJimdoでホームページを作って納品しているような、なんちゃってWebデザイナーでも案件獲得できたりと、レベルが低いWebデザイナーでも生きていけてます(笑) Webデザイナーは昔から主婦がスクールで学んだだけでフリーランスとして独立するようなことが盛んに行われている業界なので、業務未経験からいきなりフリーランスも狙える職種です。

30代以上ならいきなりフリーランスのWebデザイナーも検討してみてみださい。

ちなみにJavaなどのプログラマも少しはHTML・CSSを知っておく必要があります。というのもプログラムだけではボタンなどの画面に表示されるインターフェイスは実装できないので、Webデザイナーやフロントエンドエンジニアが実装したHTML・CSSを読める程度には理解できておく必要があるので、学んでおいて損はありません。

PHP

PHPはWeb系プログラミング言語の中でも特に求人数が多いです。業務アプリケーション系のJavaの次に案件が多いです。

PHPは古くからサーバサイドの言語として存在します。しかし近年はRuby・Python・Cotlin・Goなど他のプログラミング言語が人気で、PHPエンジニアはあまり人気がありません。PHPしかできないエンジニアはエンジニアじゃないと言われたりします(笑) しかし、今でもPHPで作成されたシステムの保守などの需要が多い言語でもあります。

他のWeb系プログラミング言語と比較すると少し人気が低いPHPだからこそ、30代といった年齢的にハンデのある方でもWeb系プログラマとして就職するチャンスがあrます。

転職サイトGreenでの求人ヒット数

Ruby・PHP・Javaの求人数

またプログラミング言語の中でも特に学習難易度が低い言語の1つなので、初めてのプログラミングを学ぶ方にもオススメの言語となっており、30代未経験でも比較的短期間で習得しやすいメリットがあります。

さらにPHPはWordPressで利用されているプログラミング言語です。WordPressはホームページを作るシステムですが、WordPressをホームページを作成すると、その後は無料ブログ感覚で新しいページを作成できたりできるので、WordPress案件での需要も高いです。

Webデザイナーになるかプログラマとして生きていくか決めかねている方は、PHPを学んでおくと、どちらにの方向も選べますし、Web制作会社でネットショップなどを構築するサーバサイドエンジニアなども目指すことができます。

30代未経験からプログラマーになるための就職活動方法

ということで、30代以上でプログラマーを目指すのであれば、「Java」「HTML・CSS」「PHP」のどれかを選ぶことをオススメします。

プログラミングを学習した後に、30代未経験からプログラマーになるための就職活動方法になる方法ですが、以下の方法が考えられます。

リクナビNEXTなどで募集されている求人を探す

リクナビNEXT

SIer(業務アプリケーション)業界でJavaプログラマ目指すなら、リクナビNEXTあたりに求人出している会社は大体SIer系です。大量募集しているので、数打てばどこかの企業が30代でも拾ってくれます。ただし、しっかりした会社もありますが、プログラミングの仕事をさせてもらえないテスター案件とかの会社で働かされる会社もあるので、面接で開発させてもらえるかどうかはしっかり確認しておいた方がいいでしょう。

開発するには、まずはテスターや保守案件で経験を積んでからですね。

みたいな感じの返答をされたらお断りした方がいいです。テスターや保守の仕事は全くプログラミングのスキルは育たないので時間の無駄です。

ハローワークのトライアル雇用を利用する

ハローワークのトライアル雇用は国から助成金をもらっているので、採用すると採用した企業にお金が入る仕組みになっています。トライアル雇用などの制度を利用しているシステム開発会社を狙ってみるのもいいかもしれません。

ただし、リクナビNEXTなどと同じくブラック企業率は高めとなっています。

就職サポート付きのプログラミングスクールを利用する

テックエキスパートの料金

一番おすすめのなのが就職保証月野プログラミングスクールを利用することです。残念ながらプログラミングスクールの大半は30代の就職サポートはしていないスクールばかりです。

しかし、テックエキスパートだけは30代でも就職保証しています。担当の方から聞いた話によると過去に40代半ばの方も未経験からプログラマとして成功させたようなので、40代の方でも利用できます。担当の方もかなり頑張ったようですが、30代で転職保証しているプログラミングスクールは他にはありません。

しかも就職先も、なんのスキルも身につかなかったり労働環境の悪いブラック企業は排除しているので、リクナビNEXTなどで自分で探すよりも安全です。

またテックエキスパートではWebデザイナーコースもあり、こちらも就職保証があるのでWebデザイナーとしての就職やいきなりフリーランスを目指したい場合にも相談してみてもいいかもしれません。

年齢的に未経験は厳しいけどなんとか結果にコミットして欲しいという方は、TECH::EXPERTが間違いなくおすすめです。

フリーランスが強みのテックエキスパートの評判は?就職や言語も解説!
「テックエキスパートの特徴って何?」
「就職っどんなところ?」
「いきなりフリーランスって目指せるの?」など色々な疑問が浮かぶと思います。そこでテックエキスパートの評判の特徴、学ぶ言語、就職サポートなどについて解説したいと思います。

30代以上で未経験から就職できないと言われている理由

30代以上でプログラマとして未経験から就職が難しいと言われているのは以下の理由からです。

  • プロジェクトマネージャーよりも年上になる
  • 家族がいるので給与が高くなる
  • 若い人より飲み込みが遅い可能性
  • キャリア構築に失敗している(優秀じゃない可能性)

IT転職市場に限らず30代未経験で雇ってもらえる分野は非常に限られており、厳しい就職活動になります。人材不足と言われているIT業界でも、即戦力となるようなエンジニアが不足しているのであって、プログラミングの初期学習を修了したレベルの方は十分足りています。

特に28歳〜30歳あたりで未経験からはどこの就職エージェントやプログラミングスクールでもサポート対象外となります。やはり企業としてもプロジェクトマネージャーよりも年上で、物覚えも悪くなるような年頃で、経済的にも家族を養わなければならないような30代の方を積極的に採用するメリットが少ないです。

だからこそ、これまでの自分のスキルを棚卸しして、魅力的に見えるように売り込んでいく必要があります。しかし、それでも自分1人の力では、かなり厳しく、就職できたとしてもブラックIT会社となる可能性が高くなってしまうので、可能であれば知り合いのコネを使って入社するか、テックエキスパートのような、30代・40代でも就職サポートをしてプログラマとして、しっかりしたキャリアを築いていけるような就職サポートのあるプログラミングスクールを利用することをオススメします。

フリーランスが強みのテックエキスパートの評判は?就職や言語も解説!
「テックエキスパートの特徴って何?」
「就職っどんなところ?」
「いきなりフリーランスって目指せるの?」など色々な疑問が浮かぶと思います。そこでテックエキスパートの評判の特徴、学ぶ言語、就職サポートなどについて解説したいと思います。