消せるペンは使っていいの?既卒の履歴書・職務経歴書を書く際の注意点

求職者と採用担当者既卒

既卒での就職活動をしていて、なぜ学生の頃就職できなかったのか振り返って考えている方もいると思います。

 

「書類選考・一次面接の突破率が低いのは、もしかして履歴書の書き方が問題なったのかも?」

と気になっている方もいるのではないでしょうか?

書類選考は、採用全体で最後まで影響する重要な要素です。

そこで、既卒での履歴書を書く際のポイントについてまとめてみました。

履歴書の内容の注意点

採用担当者

まず、履歴書を書く際の注意点として、「空白が多い」「文章が使い回しに見える」というのは、やる気があるように見えません。

汎用的で使い回しができるような文章だと、その会社を志望する理由ではなく、その業界全体に対する志望理由に見えてしまいます。

「本当はウチではなない会社に行きたいのではないか?」
「手抜きではないか?」

そう思われてしまうと、良い点ではなく、不採用とする為の理由をあら探しされてしまいます。

履歴書は、就職活動において、唯一の非口述な選考部分です。特にコミュニケーションスキルに自信がない人は頑張ることによって、その後の選考をポジティブな印象で進めることができます。履歴書では、その会社を志望する理由の熱量が伝わるように努力しましょう。

その他、履歴書を書く際のチェックポイントとしては以下のようなものがあります。

 

  • 改行する際、文字のおしりの部分が揃っているか
  • 枠から文字が飛び出ていないか
  • 鉛筆で下書きする場合は鉛筆が完全に消えているか
  • 写真が枠からはみ出していないか
  • 日付が面接日または、郵送日になっているか
  • 住所を都道府県から記載しているか
  • 住所の「ふりがな」にカタカナで書いていないか

 

些細なことばかりですが、こういった小さな点を気にしないと「仕事もいい加減なのではないか?」とマイナスに見られやすいので、履歴書を書く際には注意しなければなりません。

 

職務経歴書は必要?

面接官

既卒は職務経験がないので、職務経歴書は不要だと思うかもしれませんが、用意しておいた方がいいでしょう。

職務経歴書に書く内容は、アルバイト・ボランティア・インターン、さらにはサークル運営経験なども書いてもいいかもしれません。

ただし、ボランティアとサークルに関しては直接お金を生み出していないので、営利企業に入社した場合に、どのような活躍ができるのかが想像できるような内容に工夫する必要があります。

また仮に輝かしい経歴があったとしても、実績自慢をするのではなく、その過程で工夫・努力したことなどに焦点を当てることを意識しましょう。

職務経歴書に書きたい項目としては以下のようなものがあります。

 

  • 職務要約 (一文でどんなことを行ってきたかを書く)
  • 職務経歴 (どこのバイト先で、どれぐらいの期間、どんな業務に携わったか等)
  • 活かせる経験・知識・技術
  • 自己PR

 

履歴書はフォーマットが決まっており、どうしても機械的で、求職者がどのような人なのか伝わりにくいです。職務経歴書には正しいフォーマットはありません。だから自分を表現しやすいです。

ネット上に色々とテンプレートがあるので、参考にしながら、自分が一番魅力的に見えるフォーマットを自作することをオススメします。

また職務経歴書では、ある程度まとまった量の文章を書く必要がありますが、伝わりやすい文章でなければ読んでもらえません。

自分の文章に自信がない方は、職務経歴書以外の内容でもいいので、自分の書いた文章を他人に読んでもらって、改善点を指摘してもらうことをオススメします。

ちなみに、Webライティングなどの仕事をクラウドワークスやShinobiライティングなどのクラウドソーシングサイトで経験しておくと、自分の文章の改善点を客観的に指摘してくれます。Webライティングは未経験でも受注可能な仕事です。就活中は交通費もバカにならないので、パソコンだけで、どこでも仕事ができるWebライティングの仕事は副業としてもオススメですね!

 



 

大学指定の履歴書を使っていい?

大学

 

既に大学に所属していない無職の方が、大学指定の履歴書を使うのは止めておきましょう。

もう所属していない団体の名前を名乗るのは、違和感を感じる社会人の方は多いです。無職だからといって、辞めた会社の名刺をいつまでも使っている人なんて、当然いませんよね。

それに、そこそこ偏差値の高めの大学であれば、「大学名に変なプライドを持っているのではないか?」などと深読みされる原因にもなります。

普通の履歴書は自己PR欄が少ないとの理由で、大学指定の履歴書を使いたいのかもしれませんが、上でも述べたように、職務経歴書側で詳しく書きましょう。

少し話が脱線しますが、基本的に東大や京大など上位国立大学じゃない限り、文系は新卒カードがなくなったら現状フリーターと遜色ありません。ブランド力のある大学に在籍していた私大生は、学生時代はチヤホヤされたかもしれませんが、既卒になってしまった時点で高卒フリーターとほとんど同じ立ち位置であることはしっかりと受け止めて変なプライドは持たないようにしましょう。

 

証明写真の注意点

証明写真

 

照明写真は、第一印象で好印象を与えるための重要な要素です。

残念ながら世の中見た目が重要です。

既卒になってしまったイケメン・美人を見た方がある方は少ないのではないかと思います。

容姿端麗な就活生は、ただ座っているだけでも「仕事ができそう」「笑顔がいい」「誠実そう」など、良い印象を与えることができるので、就職活動さえ行っていれば、どこからかは内定がもらえてしまいます。

生まれ持ってのイケメン・美人にはかないませんが、証明写真に見栄え良く映ることによって、書類選考の通過率を上げることはできます。

少しでも、良い印象を与えるためにも、フォトレタッチしてもらえる写真屋さんで撮影した方が就職活動では有利なので、撮影代はケチらない方がいいでしょう。伊勢丹写真室新宿店など、就活生御用達の写真屋さんがあります。

神社でお守りを買うぐらいであれば、ブランド力のある写真屋さんで、撮影してもらうことも考えてみましょう。

仮に、就活疲れで息絶えたとしても綺麗な写真でお葬式ができますよ!

お葬式

写真屋さんで撮影したら、データをもらっておきましょう。パソコンやスマホの写真加工アプリを使って、写真サイズに収まるように並べて編集しておけば、近くのデジカメプリントができる店で、まとめて複数枚の証明写真が印刷できるので安上がりです。

ちなみにスーツが嫌いだからと言って、ジャケットなどの証明写真は、どの業界でもご法度です。寝癖や、肩や顔が傾いていると不安定な印象を与えますし、インスタント証明写真機はオススメしません。値段もそこまで変わらないので、せめて地元のカメラ屋さんで撮影した写真にしましょう! 3ヶ月以内の写真かどうかは律儀に気にしなくても大丈夫です。

 

 

履歴書は手書きがいいの?

履歴書を書く求職者

 

履歴書を書くのは面倒だし、できればパソコンで印刷して使いたいという方もいると思います。

既卒での就活は、手書きとパソコン印刷のどちらが良いのでしょうか?

これは、一概には言えませんが、どの業界でもマイナスイメージにならないのは、手書きと言えます。

IT・Webなど先進的で効率を求める考え方が普及しているような業界・会社では印刷した履歴書でも問題ありません。

逆に製造業など古くからある会社だと、手書きの方が好まれやすいです。どちらか迷ったら手書きをオススメします。

手書きを選ぶのであれば、「文字がみやすさ」は心がけなければなりません。

文字が「綺麗」である必要はありませんが、「丁寧」である必要があるとよく言われます。ただ、どれだけ丁寧に書いても、あまり美しく見えない文字の方もいるかもしれません。

友達に書いていもらったり、代筆業を利用する、お母さんに頼むなど色々方法がありますが、できるなら、自分でなんとか頑張りましょう。

やけに丸文字といった、特徴的で可愛いけど、子供っぽい印象を与える人も、就活中は、無難な感じの書体を心がけた方がいいかもしれません。

既卒の就職なら!【ハタラクティブ】

 

本当はダメだけどフリクションボールペン(消せるボールペン)は使っても問題ない

消せるボールペン

 

履歴書を書くのが苦手で、1枚の履歴書を書くのに何枚も書きミスをしてしまう方もいると思います。

フリクションボールペン(消せるボールペン)をできれば使いたいのが本心ではないでしょうか?

既卒の就活は、新卒以上に数多くの履歴書を書かなければ就職できない可能性があるので、なるべく効率的に履歴書を用意したいですよね。

一般的にフリクションボールペンは、履歴書や契約書などには使ってはいけないとされています。

しかし、既卒での就職活動は、多分消せるボールペンを使ってもバレません(笑)

消せるボールペンかどうかといったことを、気にするのは大手企業など、事務的にもきっちりしなければならない大手企業が中心です。

既卒の応募先の中心となる中小企業は消せるボールペンかどうかのチェックはそこまでしていないことが多いので、おそらく問題ないのではないかと推測します。

もちろん絶対ではないので、履歴書を書き直す時間を節約するか、確実に安全な方法を取るかは、ご自身で判断お願いします。

 

まとめ

求職者と採用担当者

  • 志望理由が使い回しに見えないようにする
  • 履歴書上の小さなミスは、悪い印象を与える
  • 既卒でも職務経歴書は書くべき
  • 大学指定の履歴書は使わない
  • 証明写真は、レタッチしてくれる会社
  • 履歴書は手書きが無難だが、IT・Web系などではOK
  • 消せるボールペンは既卒の場合はあまり気にしなくてもいい

 

日本社会において、既卒での就職活動は、いまだに非常に厳しいのが、現実です。

いい加減、新卒一括採用の昭和的な考えからは脱出してほしいですね。

コミュニケーションスキルが低い人にとって、履歴書で熱量が伝われば、面接で口下手が影響しても、「頑張って伝えようとしている」とポジティブにとってもらえます。

履歴書1つで、今後の選考全体に大きな影響を与えるので、ぜひ、より良い履歴書作りをがんばってください!

 

1人の就活で心が折れそうになったら、ハタラクティブのような既卒対応可能な就職エージェントに相談してみることも検討してみてください!

既卒の就職なら!【ハタラクティブ】