治験バイトのインクロムとは?評判・特徵・説明会について徹底解説!

インクロムボランティアセンター 治験バイト

大阪周辺で治験バイト(有償ボランティア)に興味がある方も多いと思います。

でも、関東と違って関西圏ってあまり治験バイトの募集ってしていないんですよね…

しかし、大阪でも数少ない健康な方向けの治験を募集しているサイトがあります。それがインクロムボランティアセンター。

そこで、大阪を中心に絶大な人気を誇っているインクロムボランティアセンターの評判や特徵、治験参加までの流れについて解説したいと思います。

 

インクロムボランティアセンターとは? 評判の4つの特徵

Webサイト名インクロムボランティアセンター
運営会社インクロム株式会社
説明会実施場所新大阪
電話番号0120-72-8343
参加可能な地域
大阪府、兵庫県、京都府、滋賀県、奈良県、和歌山県、岐阜県、三重県に在住の方

治験サイトインクロムボランティアセンターの運営会社は、治験業界で30年以上の歴史があり、日本の新薬開発に大きく貢献してきたれっきとした会社です。

このインクロムですが、治験参加者からは非常に評判が良いのですが、その特徵としては、以下4つの理由からです。

 

  • 関西の案件数が最多
  • 説明会での説明・対応がいい
  • 治験専用施設で過ごしやすい
  • 説明会参加だけでも交通費支給

 

関西の案件数が最多

健康な人(健常者)の治験は、大半が関東圏で実施されています。関西ではほとんど実施されていないのですが、唯一関西を中心とした健常者向けの治験を募集しているのが、インクロムボランティアセンターです。

つまり、関西で治験バイトに興味がある方の大半はインクロムボランティアセンターが、ほぼ唯一の選択肢になります。

 

説明会での説明・対応がいい

インクロム治験ハンドブックマンガ

私は関東と関西の治験コーディネート会社をいくつか使ったことがあるのですが、インクロムボランティアセンターが最も丁寧な印象を受けました。

ちなみにインクロムでの治験の説明を行ってくれるスタッフは治験ボランティア経験者です。だから何か不安に思うことがあれば聞きやすいです。

またマンガで治験のことを説明した冊子をもらえます。これはけっこうわかりやすくまとめられており、家に帰ってからも、説明会の内容の再確認に使えます。どうやらマンガ学科で有名な京都精華大学に制作依頼をしているようですね^ ^:

 

治験専用施設で過ごしやすい

OCROMクリニック

インクロムボランティアセンターが紹介する治験は基本的に提携している2つの病院で実施されます。

両方とも治験だけのために施設なので、マンガや映画などの娯楽が揃っており、快適に過ごせるようになっています。基本的に治験は、投薬初日さえ乗り切ってしまえば、あとは暇なので、こういった暇つぶしのアイテムが用意されているのは、嬉しいですよね。食事も病院食ではなく、治験参加者でも美味しく楽しめるものが提供されています。

ちなみに日本で初めて治験専用病院として国から認可されたのは、インクロムの治験病院です。

 

治験の施設住所特徵
大阪治験病院〒532-0003 大阪府大阪市淀川区宮原4-1-29新大阪徒歩5分/DVD800枚/マンガ3000冊/インターネットルーム/学習室/食事充実
OCROMクリニック〒565-0853 大阪府吹田市春日4-12-11 千里サンプラザゲーム機/DVD100枚/マンガ2500冊/インターネットルーム/食事充実

 

説明会参加だけでも交通費支給

治験コーディネート会社から治験を紹介してもらうには、一度説明会を受ける必要がある会社も中にはあります。説明会を実施するような会社の方がしっかりしているのですが、交通費もかかるし、ちょっと面倒なのも事実です。

しかしながら、インクロムボランティアセンターでは説明会に参加するだけで、交通費を支給しています。治験説明会の参加だけで交通費を支給してくれた会社はインクロムさんが初めての体験でした。

治験って何? 参加するかどうかは決めかねているって状態の人でも、交通費ももらえるので、とりあえず一度説明会に参加しておくことをおすすめします。

 

インクロムボランティアセンターの評判・口コミ情報は?

インクロムボランティアセンターの評判・口コミ情報が気になる方も多いと思います。

インターネット上で探してみましたが、やはり「治験」という特性上、SNSなどで口コミ情報が共有されることがほとんどなく、見つけられませんでした。

しかしながら、実際の治験に参加した人の間での評判は良いのは間違いありません。

 

インクロムボランティアセンターでの説明会の体験談

治験コーディネーター

インクロムボランティアセンターでの治験への治験の参加の流れを紹介します。流れは以下のようになります。

まずは、インクロムのWeb応募ページで応募します。応募はコチラのインクロム公式サイトから行えます。

Web応募が完了すると3営業日以内に電話がかかってきます。その際に、今の年齢や体重、これまでの病歴、薬やサプリメントの使用歴などの問診を電話上で行います。

この電話での問診だけでなく、新大阪駅近くで行われている説明会に参加することで、治験ボランティアを紹介してもらえるようになります。

 

 

実際に説明会に参加してきました。

自分も今までいくつももの治験コーディネート会社とお付き合いしてきましたが、個人的に説明会の満足度はトップでした。

その理由ですが、まず、説明会の部屋や椅子に高級感があります。

治験の説明会なのに、患者として来院したような対応をしてもらえました。治験の説明会は10名以上の参加希望者を、小さな部屋に集めて、固い椅子に座って行うことが多いのですが、この対応はちょっと感激です…!!

しかも、説明会と言っても非常に少人数で、私が参加した時には、私1人と女性の方1人でした。1人1人に個別に対応しているようです。

治験が始まると、簡単な流れの説明のあと、まずは50分程度動画を視聴します。1人ずつ渡されるAndroidのタブレットで自分のペースで視聴できます。

この動画はインクロムのオリジナル動画のようで、治験初心者にもわかりやすくまとめられており、治験に参加経験はあったものの、知らないことも多く、非常に勉強になりました。自社で説明動画を制作している治験コーディネート会社はインクロムさんぐらいではないかと思います。

動画の視聴が終わると、スタッフの方に声をかけてその後、電話で行った問診の再確認を行います。同意書などにサインをしたあとには、さっそく直近の治験スケジュールの紹介を受けます。

私が紹介してもらった試験は3〜4泊x2セットや5泊x1セットといったものが多かったです。

この時点で治験に参加した場合の謝礼金の金額が確認できるようになります。金額はどこの治験会社も拘束時間に対して同じ程度なので割愛します。

これで、希望の治験があれば、その場か、自宅に帰ってインターネット上で調べて申し込みます。その後健康診断を受診の流れです。

健康診断のスクリーニングをパスすれば、実際に治験に参加という流れということになります。

ちなみにインクロムボランティアセンターでの治験では人間ドッグレベルの詳細な血液検査や尿検査を実施します。つまり治験に参加できるということは、健康であるこの証明にもなります。

もし何か問題となる症状が発見された場合には、その分野の専門の病院のための紹介状なども発行できます。だから、健康診断として治験を利用できるのも治験に参加するメリットの1つでしょう。

ちなみに治験に参加している人はこんな方たちが多いです。

  • 大学生
  • 20代のフリーター
  • 転職活動中の30代

治験というと20代前半の方が多いようなイメージがありますが、20〜35歳ぐらいまでで紹介できる案件が多いですし、年齢が高い人もけっこう参加しているので、興味があればぜひ一度参加することをおすすめします。

 

まとめ

インクロムのロゴ

  • 関西圏で最多の案件数
  • 説明会の対応が丁寧
  • 説明会参加で交通費支給
  • 治験専用施設でマンガやDVD、食事が充実

インクロムボランティアセンターは関西圏でぶっちぎりの健常者向けの案件数を抱えています。おそらく大阪近隣であれば、インクロムさん以外に登録するメリットはありません。

説明会も非常に丁寧で、しっかりしている会社だと安心できました。治験ボランティアが初めて方にとって、色々と不安なこともあると思いますが、謝礼金がもらえて、世の中の役にも立てる、暇な時間な有意義な活用方法です。治験は35歳を越えると紹介できる案件が激減するので、興味があれば若いうちに一度チャレンジしてみてもいいかもしれません。

ちなみに治験よりもリゾートバイト.comとかでリゾバした方が日給高いし、彼女作れるのでインクロムよりおすすめですよ〜