エンジニア未経験からフリーランスになれるプログラミングスクール

未経験からフリーランスになれるプログラミングスクールプログラミング

エンジニアとしての職歴はないけど、就職せずに独立したい方や年齢が30代という理由で未経験からいきなりフリーランスエンジニアを希望している方も多いと思います。

最近は数多くのプログラミングスクールが登場してきたので、実務経験なしから、いきなりフリーランスになる方も増えてきました。

「いきなりフリーランスってなれるの?」
「フリーランスにおすすめのプログラミング言語ってどれ?」
「エンジニア未経験からフリーランスになるのに最適なプログラミングスクールは?」

など様々な疑問が浮かぶと思います。そこでエンジニア未経験からフリーランスになれるプログラミングスクールと学ぶべき言語を解説したいと思います。

エンジニア未経験からフリーランスになれるプログラミング言語はRuby・PHP・WordPress

フリーランスエンジニア

まず未経験からフリーランスを目指す場合のプログラミング言語について解説したいと思います。プログラミング言語って数多く存在しますが、フリーランスになれる言語となれない言語があります。

なりにくい言語としては業務アプリケーション系の言語です。たとえばJavaやCOBOLなどが該当します。Javaエンジニアなどは無料プログラミングスクールでも数多く募集されているのですが、大半の仕事は客先常駐と言われるお客さんに派遣されてそこで働きます。ぶっちゃけ派遣社員と同じですし、派遣法にも守られてないので労働環境が問題になることも多いです。

どうして自社で開発できないのかと言えば、業務アプリケーションというのは一部の大手企業しか仕事を受注できないからです。そして、業務アプリケーションは情報漏えいすると大変なことになるので、社外秘となります。セキュリティにはメッチャ厳しいですし、色々と大人の事情が入り交じるちょっと闇を感じる業界です。業務アプリを開発するSEは案件こそ多いものの、フリーランスといった信用のない個人には案件が回ってきません。

ということでフリーランスになりたいならJavaのようなシステムエンジニア系の言語は選んではいけません。

プログラミング未経験からエンジニアを目指すのであればワークスタイルが自由なWeb系のRuby・PHP・WordPressのどれかの言語をマスターするのが王道です。

Ruby

Rubyロゴ

RubyはWebサービスのプログラミング言語でページ間で情報の受け渡しなどの機能を担当します。今最も多くのWebサービス開発会社で導入されているのがRubyであって、Webエンジニアとして未経験から案件を取得するならRubyが最もおすすめです。

WebサービスとはアメブロやLINEのような普段の暇つぶしに使うようなサービスです。Webサービス会社は私服で働けます。こういった私服で働ける系の会社はフリーランスエンジニアを積極的に採用しています。システムエンジニアとは違って自宅からのリモートワークなどが目指せる言語です。

こういった自由なワークスタイルを許容している会社はフリーランスエンジニアへの業務委託も積極的に行っています。

PHP

PHPロゴ

Rubyの次に候補となるのがPHPです。Rubyに近いようなことができるサーバーサイドのプログラミング言語です。PHP自体はJavaの次に需要が大きい言語でもあります。特にEC系の案件では幅広く利用されていますね。URLの後が「php?」みたいなWebサイトを見たことがある方も多いと思いますが、これはPHPで開発されています。

またWeb制作会社もEC系の依頼が来るのでPHPでECサイトを構築して納品することが多いです。PHPの場合にはネットショップの案件がありWeb制作会社からフリーランスへの外注需要があるので、東京以外にも全国の都道府県でPHPエンジニアの需要があります。

WordPress

最後にWordPressです。厳密に言えば、WordPressはプログラミング言語ではありません。PHPによって構築されているWebサイトの制作システムです。WordPressの関数はPHPによってコーディングされています。

WordPressでホームページを納品してもらうと後はブログ感覚でログインして情報が更新できるということで、大手企業から零細企業まで幅広くコーポレートサイトやWebメディアの運営プラットフォームとしてWordPressが利用されており、非常に需要が高いです。全世界のホームページの20%以上はWordPressで構築されています。

ホームページ制作は発注依頼が多く小規模事業者でも必要とするので仕事の案件の絶対数が多く、また発注者が素人ということもあり、未経験からのフリーランスを狙うのであればホームページ制作が最もハードルが低いのでWordPressの使えるフロントエンドエンジニア(Webデザイナー)を狙うと最初の案件は取りやすいでしょう。

ということで、未経験からフリーランスエンジニアを目指すのであれば、Ruby・PHP・WordPressになります。

それからフリーランスエンジニアになるには、ある程度フロントエンド部分はわかっていないと行けないのでWebデザインの知識(HTML・CSS・jQuery)などの知識も合わせて学ぶ必要はあります。大体のプログラミングスクールはPHPやRubyなどのサーバサイド言語を選択すると、フロント周りも一緒に学べるカリキュラムになっています。

あとWeb系言語は他にもPythonなどがあります。今需要が伸びているので多くのプログラミングスクールがPythonをおすすめしています。しかしながら、Pythonは人工知能などに使われる分野で、理系出身のエンジニア経験がある方じゃないとフリーランスで案件獲得するのは難しいです。

あとスマホアプリのエンジニアですが、Web系エンジニアと比べると求人数が少ない上に、iOSとAndroidの両方のプログラミングができる必要がありこちらも未経験からはハードルが高いです。

あとスマホゲームとかも数学・物理が入ってくるので、未経験からは目指すのはかなりハードルが高いです。

ということでエンジニア未経験からいきなりフリーランスを目指すならWeb系言語のRubyかPHP(WordPress)をプログラミングスクールで勉強することが王道のルートになります。

エンジニア未経験からフリーランスを推奨しているプログラミングスクールは侍エンジニア塾とテックエキスパートのみ

プログラミングスクールってオンラインでも通学型でも数多く存在しますが、実は就職せずに、いきなり就職というキャリアを提案してくれるスクールは2つしかありません。

他のプログラミングスクールは未経験からに就職がメインで、「一応未経験からフリーランスも目指せるじゃないかな〜」みたいなふわっとしたノリなので具体的な仕事のとり方・納品のノウハウを教えてくれません。

本気でエンジニア未経験からフリーランスをオススメしているのは侍エンジニア塾かテックエキスパートの二択であり、この2つのスクールであれば未経験からフリーランスエンジニアにになることができます。

侍エンジニア塾

侍エンジニア塾

1つ目は侍エンジニア塾はテックアカデミーと人気を二分する大手プログラミングスクールです。東京の場合には通学も可能ですが、オンラインで全国からの受講も可能ですね。

侍エンジニア塾ではカリキュラムが決まっておらず一人一人にそったフルオーダーメイドのカリキュラムを特徴としています。無料カウンセリングの際に現在のプログラミングスキルから逆算して、目的を組み立てていって「○ヶ月後に○○の案件ができるエンジニアになる」という感じで計画を立ててそれを実行していきます。もちろん全くプログラミング未経験でも問題ありません。

侍エンジニア塾ではクラウドソーシングでの仕事のとり方を教えてくれます。クラウドソーシングだとWeb系言語かホームページ制作の言語が多いので、上で紹介したRuby・PHP・WordPressあたりを学んでおけばいいでしょう。ちなみに侍エンジニア塾では特にRubyで結果を残している方が多いです。

ちなみに侍エンジニア塾では、クラウドソーシングで取った案件を受講中に質問しながら案件を納品させていくことが可能です。「案件受注できたけど、本当に自分一人の力で納品できるか不安…」といった方にはかなり心強い味方です。

【2019年版】評判通り?侍エンジニア塾の体験レッスンや特徴を解説
人気プログラミングスクールの1つである「侍エンジニア塾」。興味を持っている方も多いのではないでしょうか? 侍エンジニア塾はオンラインのプログラミングスクールでは最大手の位置づけですが、Googleサジェストがネガティブなワードを提案し...

テックエキスパート

テックエキスパート

もう1つはオンラインの他に東京・大阪・名古屋に教室があるテックエキスパートです。就職も転職も両方とも選択できるプログラミングスクールになります。今最もWebサービス開発会社で採用されているRubyを勉強します。

ただし、Ruby限定のフリーランスエンジニアとしてではなくRubyを中心にPHPなどこなせるフリーランスエンジニアを目指す感じになります。RubyできればPHPでも大体同じなので、テックエキスパートのカリキュラムでは一番需要のあるRubyに絞ってプログラミングスキルを身に着けてもらう感じですね。

テックエキスパートはクラウドソーシングではなく足を使って人脈を作り、より高単価な仕事を受注していくエンジニアを目指せます。だから職歴なしでも1年目からいきなり月収50万円とか超えるので高単価のエンジニアを目指すならテックエキスパートでしょう。案件獲得保証があるので、やる気さえあれば必ずフリーランスエンジニアになれます。

ただし、テックエキスパートさんの場合には誰でも応募できる訳ではありません。審査に合格した方のみがサポートを受けることができます。詳しくは一度無料カウンセリングを受講して受講審査などについて質問してみるといいと思います。

フリーランスが強みのテックキャンプ転職の評判は?就職や言語も解説!
「テックキャンプ転職の特徴って何?」
「就職っどんなところ?」
「いきなりフリーランスって目指せるの?」など色々な疑問が浮かぶと思います。そこでテックキャンプ転職の評判の特徴、学ぶ言語、就職サポートなどについて解説したいと思います。

まとめ

  • フリーランスが目指せるスクールはテックエキスパートと侍エンジニア塾のみ
  • いきなりフリーランスはRuby・PHP・WordPressを学ぶのがオススメ

エンジニア未経験からいきなりフリーランスを目指せるプログラミングスクールは侍エンジニア塾かテックエキスパートで、おすすめはWeb系言語(Ruby・PHP・WordPress)になります。

会社勤めが肌に合わない方や、既に30代とかだと未経験からの就職はハードルは高くなるので、いきなりフリーランスの方が現実的です。

両校とも無料カウンセリングが用意されているので、とりあえず以上のことを踏まえて、一度自分のこれまでの経験も踏まえてどのような可能性があるのか相談してみることをおすすめします。

フリーランスが強みのテックキャンプ転職の評判は?就職や言語も解説!
「テックキャンプ転職の特徴って何?」
「就職っどんなところ?」
「いきなりフリーランスって目指せるの?」など色々な疑問が浮かぶと思います。そこでテックキャンプ転職の評判の特徴、学ぶ言語、就職サポートなどについて解説したいと思います。