おすすめの格安・無料のプログラミングスクール!安いデメリットは?

無料プログラミングスクールプログラミング

最近20代の間で人気が高まっているのがプログラミングスクールです。

プログラミングが学べて、就職サポートもしてくれるということで、フリーターや第二新卒などスキルのない若者にとって、未経験からプログラマ・エンジニアを目指せる貴重なルートとなっています。

しかし20代はお金があまりありませんよね。

そこでなるべく安い、格安・無料のおすすめプログラミングスクールを紹介したいと思います。合わせて無料プログラミングのデメリットなどについても解説したいと思います。

おすすめの格安オンラインプログラミングスクールTOP3

まずは有料ですが、コスパの優れた安いプログラミングスクールを3つほど紹介したいと思います。通学は高いのでオンラインのプログラミングスクールです。

1位:テックアカデミー

テックアカデミー

オンラインプログラミングスクールの中でも人気・知名度ともにトップと言って過言ではないのがテックアカデミー。学べる言語の数は全てのプログラミングスクールの中でも一番バリエーションが揃っています。就職サポートがあり、レッスン終了後も教材が見えるなどサービス内容もしっかりしており、コストパフォーマンスが非常に優れています。

テックアカデミーは年に数回は割引キャンペーンを実施しており、大体2割引で受講することができます。またコースを2つセットで受けるとさらに割引になったり、申し込みを早めに行うとさらに受講料が8%オフになったりなど、色々安くなる制度を組み合わせていくことによって、料金を激安にしていくことが可能です。

なるべく安くプログラミングやWebデザインを学んで、就職につなげたいのなら、まず最初に検討すべきプログラミングスクールの1つでしょう。

TechAcademy [テックアカデミー]
評判が悪い?テックアカデミーの全コース・料金プランを徹底解説!
テックアカデミーはコースだけでなく、料金プランも複雑で、どれを選んだらいいのか分からない方も多いと思います。そこで、テックアカデミーの特徴やおすすめコース、選ぶべき料金プランについて解説したいと思います。

2位:TECH CAMP(テックキャンプ)

テックキャンプ

テックキャンプもオンラインプログラミングスクールの1つですが、東京・名古屋・大阪には教室も開講しているので、通学でもオンラインでも学習することができます。

テックキャンプは1ヶ月目は148,000円と少々まとまった金額が必要です。しかしながら2ヶ月目移行は月額1万5千円程度と、格安でいつまでも学習し続けることが可能です。質問もし放題です。

買い物にも便利な都心に教室があるので、仕事帰りに通学できることができますし、ちょっと買い物帰りに休憩がてら教室を立ち寄って他の受講生と情報交換したりすることもできます。

またテックキャンプの場合にはRuby・HTML・CSS・Python・JavaScript・フォトショップ・イラストレーターなどプログラミング言語やデザインツールに関する授業を全て閲覧することが可能なのもメリットの1つでしょう。

テックキャンプ

テックキャンプの評判は悪い?全コース・料金・就職について解説!
「テックアカデミーとは何が違うの?」「テックエキスパートとどっちがおすすめ?」など色々と疑問が浮かぶと思います。そこでテックキャンプの特徴やテックアカデミー・テックエキスパートとの比較、料金などについて解説したいと思います!

3位:TECH BOOST(テックブースト)

tech boost(テックブースト)

テックブーストもテックキャンプと同じく、1ヶ月目は入学金が必要なので、13万5千円必要になりますが、その後は月額3万円になるので、テックキャンプよりは高いですが、比較的続けやすい料金かと思います。

こちらも1度申し込んでしまえば全てのコースを受講することができます。テックキャンプとシステム的には似通っていますが、就職サポートが強いことと、PHP、Rubyの他にブロックチェーンやIoTなど先端分野のプログラミングを学べるコースを提供しているのがテックブーストの強みです。

無料カウンセリング受講日に申し込むと5%割引になります。

【tech boost】
tech boost(テックブースト)の評判は?料金や就職を解説
株式会社Branding Engineerが運営するプログラミングスクールのテックブースト。テックアカデミーやコードキャンプと比べると知名度は低いですが、非常にポテンシャルの高いプログラミングスクールの1つです。そこでテックブーストの評判の特徴や料金、就職サポートについて解説したいと思います。

おすすめの無料プログラミングスクール

続いておすすめの無料プログラミングスクールを紹介していきたいと思います。

GEEK JOB

GEEK JOB

無料プログラミングスクールの中で個人的に一番イケてると思うのがGEEK JOB【ギークジョブ】です。

基本無料プログラミングスクールはJavaを学ぶスクールばかりです。Javaは企業の業務アプリケーションを開発するかなりお硬い感じの案件が多いです。GEEK JOBでもJavaは学べますが、他にRubyとPHPという今最も需要のあるWeb系言語を学ぶことができます。無料プログラミングスクールでWeb系プログラミング言語は非常に珍しいです。

通常Web系エンジニアは有料プログラミングスクールじゃないと目指せませんが、ギークジョブは貴重な無料プログラミングスクールでWebエンジニアが目指せる存在です。

ちなみにGEEK JOBのキャンパスは東京にありますが、学習自体はオンラインで可能です。実際に就職する段階になってから状況するということでも応募することが可能になってます。

ギークジョブの評判は?就職先や言語、違約金について解説!
人気プログラミングスクールの1つであるGEEK JOB(ギークジョブ)。無料でプログラミングが学べてしかも、就職支援もしてくれるということで評判です。言語や就職先、違約金などについて電話で問い合わせた内容と合わせて、なぜオススメなのか解説したいと思います。

0円スクール

0円スクール

0円でJavaが学べるプログラミングスクールです。なんとなくギークジョブと比べてもなんかWebサイトのデザインがイケてないのがデメリットです(笑)

メリットとしては東京以外にも、札幌・大阪・神戸・仙台・名古屋・福岡にスクールがあるので地方の方でも教室で勉強しやすいというのがあります。0円スクールの場合には東京以外の地方都市で就職したい場合には検討してみてもいいかもしれません。

基本的に業務アプリケーションを開発するSIerエンジニア職になります。

0円スクール

プログラマースクール

こちらも0円スクールと同じような印象なので詳細は割愛します。提携企業が豪華ですが、まぁこういった会社に就職できることは現実的ではないですね…

自分なら応募しないので、興味があれば自分でググってください。

リヴィティエ

こちらも量産型Javaプログラミングスクールという印象です。興味があれば検索してください。

プログラマカレッジ(ProEngineer)

プログラマカレッジ(ProEngineer)

こちらも一般的な無料プログラミングスクールですが、IT業界専門の就職エージェントが持っています。30歳までであれば、中卒・高卒・職歴ニートでも問題ありません。

Javaエンジニアを目指すコースとLinuxを学んでサーバーエンジニアになるコースがあります。母体が就職エージェントということもあって、優秀な方は結構いい会社を紹介してくれるかもしれません。

Javaは他のプログラミングスクールと差別化されているかは不明ですが、サーバーエンジニアは結構良さそうな雰囲気です。

【未経験歓迎】アプリ開発、ゲーム開発、web開発、短期集中型の無料プログラミング&就活スクール

みんスク(ワークポート)

みんスク(ワークポート)

みんスクはIT業界の方なら今後末永くお付き合いする可能性のある人材紹介会社「ワークポート」が運営している無料プログラミングスクールです。

Javaエンジニアとインフラエンジニアコースがあります。東京意外に、埼玉・名古屋・大阪・福岡に学校があります。

 

ネットビジョンアカデミー

ネットビジョンアカデミー

ネットビジョンアカデミー(NVA)はプログラミングしないエンジニアであるインフラエンジニアを目指せるITスクールです。スクールでCCNA Routing&Switchingという資格を取得できます。

ネットワークエンジニアはプログラミングしないので地味ですが、システムエンジニア並に需要があり、さらにプログラミングしないので、一度覚えたスキルが比較的長い時間通用します。インフラエンジニアは実態がよく知られていないので競争率が低くて狙い目専門職でもあります。

ネットビジョンアカデミーは大手シェアハウス運営会社「ハナサカス」と提携していてシェアハウスが無料で使えるので、地方在住社にとっては上京費用がかからないのでありがたい制度もあります。

ネットビジョンアカデミーとは?特徴は?評判は良いの?
未経験からネットワークエンジニアを目指せることで評判の「ネットビジョンアカデミー」 ITエンジニアを育成するスクールっていくつかあるけれど、ネットビジョンアカデミーの特徴は何なのでしょうか? また評判も気になりますよね。 そこで...

ポテパンキャンプ

ポテパンキャンプ

ポテパンキャンプは厳密に言えば無料プログラミングスクールではなく3ヶ月で10万円ほど必要になります。

ただ就職が成功すれば10万円のキャッシュバックになります。Rubyエンジニアは人気が高くJavaエンジニアのように誰でもなれる訳ではありませんが、3ヶ月10万円なので、仮に失敗したとしてもかなりコスパのいいスクールです。

ここは結構選考が厳しいのですが、就職紹介先は有料プログラミングスクール並なので、ダメもとでもいいのでチャレンジしてみることをオススメします。

 

お仕事決まれば全額キャッシュバック!転職特化型Ruby実践研修【ポテパンキャンプ】

ポテパンキャンプオンラインの評判は?年齢で選考に落ちる?
「ポテパンキャンプの特長って何?」「就職先はどんな会社?客先常駐はある?」「選考で落ちる人が多いと聞いたけど難関?」など様々な疑問が浮かぶと思います。そこでポテパンキャンプの評判の特徴や、就職先、選考などについて解説したいと思います。

Code Camp Gate

Code Camp

CodeCampはテックアカデミーと並び有料のプログラミングスクールの人気を二分する存在です。

コードキャンプにもポテパンキャンプと同じく転職成功でキャッシュバック型のCodeCamp Gateという無料になる可能性のあるプログラミングスクールのシステムが存在します。

2019年6月に就職保証付きのキャッシュバック制度はなくなりました。しかし格安プログラミングスクールとしては、今でも優秀です。

PHPも同じく人気のWeb系プログラミング言語で企業のWebサイトやECサイトの構築に用いられることが多い言語です。

Rubyと同じくWeb系言語なので就職難易度高めですが、WebサービスよりもWebサイトの制作者になりたい方やWebデザイナーやフロントエンドエンジニアにも興味がある方はチャレンジしてみてもいいかもしれません。とりあえず最初は198,000円が必要です。

無料のCodeCamp Gateがあるので無料プログラミングスクールとして紹介しましたが、格安プログラミングスクールとしても優秀で、特にWebデザイナーを目指すなら、デザインマスターコースはかなり格安だと思います。

CodeCamp

AIジョブカレ

AIジョブカレ

AIジョブカレは人工知能のプログラミングについて学べるスクールです。福岡と東京に教室があります。こちらも学費が必要で、AIジョブカレ経由で就職が決まった場合にのみキャッシュバックされます。

AIはバリバリ理系分野で数学得意な方じゃないと難しいです。AI市場はエンジニアの中でも給与が高いので就職希望者が優秀な方が多いのでプログラミング未経験の文系出身者からの就職は結構ハードルが高いと思います。

ヤンキーインターン

ハッシャダイ

DMMグループのハッシャダイファクトリーさんが運営する「ヤンキーインターン」ですが、ここはちょっと無料プログラミングスクールの中でも毛色が違いますが、地方でフリーターやっててくすぶっている若者を東京で立派なビジネスパーソンにすることをコンセプトとした就職支援プログラムです。

営業職とITエンジニアになる2つのコースがあります。中卒・高卒でも応募でも応募できます。ヤンキーからハッカーを目指せるというコンセプトですが。エンジニア目指すのは普通の子かマイルドヤンキーが多いです。もちろんヤンキーじゃなくても18歳〜24歳であれば応募できます。

スクール自体はProgateというサードパーティ製のプログラミング学習サービスを利用して行うので基本的に自習みたいな感じです。ただ同じシェアハウス内で就職という目的を持って集まった地方の若者が切磋琢磨し合う場所になっているのでプログラミングも上達しやすい環境が整っているようです。

ただ、ここ卒業してから高卒からWeb系ベンチャーで取締役とかなっている子もいるので、結構狙い目かもしれません。

ハッシャダイのヤンキーインターンの評判は?就職先は怪しい会社?
「ヤンキーインターンって一体何?」「なんで住居費無料なの? 怪しくない?」「どんな会社に就職できるの?」など色々と疑問が浮かぶと思います。そこでヤンキーインターンの評判の特徴や就職先などを解説したいと思います。

無料プログラミングスクールのデメリット

プログラミング

以上が無料プログラミングスクールでした。ちなみに世の中には「無料」ほど怖いものがないと言われているようにやっぱり無料プログラミングスクールにもデメリットはあります。

格安プログラミングスクールと無料プログラミングスクールだと、やっぱり格安プログラミングスクールの方がオススメです。

以下のデメリットを考慮した上で無料プログラミングスクールを利用するかどうか検討してみてください。

無料プログラミングスクールを就職前提

無料プログラミングスクールはそのスクールを運営している会社に紹介された会社に就職することが前提となります。場合によっては紹介された求人全てに面接に行かなければならない規約になっている無料スクールもあります。

無料プログラミングスクールの収入源は人材を企業に紹介した紹介料です。それ自体は、別に世の中の就職エージェントと同じ仕組みなので悪いことではありません。

ただ、無料プログラミングスクールで気をつけたいのが紹介する会社の大半はSESと呼ばれる会社です。SESとは自社で開発しないでお客さんの会社で働きます。いわゆる客先常駐という勤務体系ですね。SESが必ず悪ではありませんが、世間一般的に客先常駐は正社員でも派遣社員とほとんど変わらない勤務形態なので嫌われてたりします。

ただ実際には客先常駐もそこまで悪くないというエンジニアの声も多いのですが、どのSES会社が高待遇で、どの会社がブラック企業に派遣しているかなどは外部からは判断が難しいので、現役エンジニアやキャリアアドバイザーの方でもSESに対する認識がかなり異なります。

一部の方は無料プログラミングスクールからでも自社開発や受託開発をしている会社にも就職できます。しかし、無料プログラミングスクール経由を利用する場合には一番最初の就職先には期待しない方がいいでしょう。

エンジニアは一度職歴がつけば市場価値がぐっと上がるので2〜3年後の転職市場やフリーランスとしての独立で給与を上げることができます。無料プログラミングスクールを利用する場合は最初の就職先は修行と思い、踏み台にしましょう。

 

無料プログラミングスクールで学ぶ言語はJava

無料プログラミングスクールで学ぶ言語はほぼJavaです。というのもこの業務アプリケーションという形態で使われてるのがJavaだからです。JavaはOracleという世界的なIT企業が開発しているプログラミング言語です。オープンソースで誰が責任者なのかよく分からない言語よりも、しっかりした法人がサポートしている言語の方が安心できるということでJavaが業務アプリケーションの世界では利用されています。

Web系言語であるPHPやRubyだと客先常駐の求人数が限られてくるのでSES会社としても就職の可能性が低くなるのであまり積極的ではありません。

Javaは求人数も多いですし汎用性の高い言語なので、一度は職歴作っておいてもいいと思います。

ただ、リモートワークや私服で働けるチャンスはPHPやRubyといったWeb系言語なので、Webエンジニアのようなチャラチャラしたワークスタイルを実現したいのであれば、2〜3年働いたらシステムエンジニアからWebエンジニアへのキャリアチェンジを画策しましょう。

大体こんなイメージです・・・

 

Webエンジニアとシステムエンジニアの違い

大学生で無料プログラミングスクールならGEEK JOB一択

大学生で無料プログラミングスクールを探しているのであればGEEK JOBがおすすめです。大学3年生の1月から利用できます。大学生でGEEK JOBだと新卒カードを持った状態で就職活動できるので、かなり優良な会社を紹介できるっぽいです。

ギークジョブ以外で大学生が利用できる無料プログラミングスクールはありません。多くの有料プログラミングスクールでは、学生限定で学割価格で受講できるようにしています。たとえばtech boostなら、いきなり3割引なのでかなりお得です。オンラインなので全国どこから学べます。個人的には有料プログラミングスクールでRubyやPHPのようなWeb系言語を学ぶべきだと思います。

tech boost(テックブースト)の評判は?料金や就職を解説
株式会社Branding Engineerが運営するプログラミングスクールのテックブースト。テックアカデミーやコードキャンプと比べると知名度は低いですが、非常にポテンシャルの高いプログラミングスクールの1つです。そこでテックブーストの評判の特徴や料金、就職サポートについて解説したいと思います。

無料プログラミングスクールでオンラインならGEEK JOB

オンラインで無料プログラミングスクールを探している方も多いと思いますが、就職前提なので通学型が多いです。数は少ないですが上で紹介した中ではCode Camp Gateとギークジョブがオンラインの無料プログラミングスクールに該当します。

ただしCode Camp Gateは就職成功した場合のみキャッシュバック、ギークジョブはオンラインで学習自体は可能ですが、最終的に東京で就職をしてもらう必要があります。

ギークジョブの評判は?就職先や言語、違約金について解説!
人気プログラミングスクールの1つであるGEEK JOB(ギークジョブ)。無料でプログラミングが学べてしかも、就職支援もしてくれるということで評判です。言語や就職先、違約金などについて電話で問い合わせた内容と合わせて、なぜオススメなのか解説したいと思います。

まとめ:おすすめ格安・無料プログラミングスクール

以上おすすめ格安・無料プログラミングスクールでした。

個人的には無料プログラミングスクールではGEEK JOBが頭一つ抜けている気がします。もし開発エンジニアにこだわりがないのであれば、ネットビジョンアカデミーやプログラマカレッジでインフラエンジニアを目指すのも結構オススメです。

またお金は少し掛かってもいいので値段設定が安いプログラミングスクールも含めて探しているのであれば、TechAcademy [テックアカデミー]のWebアプリケーションコースやCodeCampのデザインコースなども検討してみてください。

どのスクールも無料カウンセリングが用意されているので興味があれば、一度公式サイトから問い合わせてみることをおすすめします。

評判が悪い?テックアカデミーの全コース・料金プランを徹底解説!
テックアカデミーはコースだけでなく、料金プランも複雑で、どれを選んだらいいのか分からない方も多いと思います。そこで、テックアカデミーの特徴やおすすめコース、選ぶべき料金プランについて解説したいと思います。