就職の為に大学中退して専門学校への入学を考えてる人!本当に正解?

イラストレーター 学生生活

大変だった受験戦争もなんとかクリアし、大学生になったものの、毎日もんもんとした生活を送っている大学生の方もいるかもしれません。

「大学はハイレベルで、将来役立つようなことが学べるような気がして入学したのに、実際は教授や講師が意味のないアカデミックな内容を淡々と話している講義ばっかりだった…」

2年生以上の先輩も、やる気がない人が多く、なんの為に大学生になったのか分からず、大学を辞めて専門学校に入学し直そうかと考えているかもしれません。

「専門学校に入学すれば、専門的なスキルが身についてきっと将来役立つはず…!」と考えている方、本当に専門学校で入学することで、道が開けるのかもう一度整理してみましょう。

専門学校といっても分野が幅広いので、この記事ではクリエイター系専門学校を想定して書いています。

専門学校は大学以上に玉石混交

大学生

 

専門学校の授業は、外から見ると大学以上に魅力的に見える場合があります。

実践的なカリキュラムが多いので、どんなことを学び、将来どのように学んだことを活かして働いているか想像しやすいからです。

しかし、実社会では専門学校で学んだ方法が実際には使用されていなかったりと、思ったほど実践的でない場合もあります。

しかも、大学と比較すると、入学難易度が低く、学ぶ意欲の低かったりレベルの低い学生も数多く入学してきます。

一部の人間だけが、専門学校のホームページなどで紹介されるような人気企業に就職していきますが、多くの人がフリーターやニートになったりしている学校もあります。

そのような環境で学んでいくうちに、大学を中退してまで入学した自分のモチベーションも下がり、同じように学ばない側の人間になってしまう危険性もあります。

社会に出ても学校の評判が無名だった場合、書類選考でポジティブな印象を与えることができません。レベルの低い卒業生を数多く輩出している学校は、業界内で評判が悪い場合もあり、卒業校の話になると肩身が狭い思いをすることもあります。

専門学校によっては、他の学生の授業態度などによって自分のモチベーションが下がる場合もあります。その環境の中で、自分の目指した将来の為に、周囲の環境に流されずに努力できる忍耐力が必要となります。

 

専門学校の就職率はあてにならない

 

専門学校の就職率はあてになりません。

専門学校のカリキュラムやパンフレットなどは、いかに10代の人に魅力的に映るかを徹底的に研究されて作成されています。

また就職率に関しても、バイトでも就職率にカウントするなど、数字のマジックが色々と多用されています。

学校によっては、優秀な人材を育てるより、教育ビジネスとして利益優先に走ってしまっている可能性もあります。

大学よりも専門学校の方が自分の人生に役立つような錯覚を受けやすいですが、実際は入ってみなければ分かりません。

だからこそ、大学を中退してまで、専門学校への進学を検討している方は、まずは「口コミ」を集めることをオススメします。

インターネット上の口コミ情報も、利害関係のある人によって情報操作されている場合があります。なので、実際にその学校に行って、その学校の在校生から話を聞いたり、Facebookで卒業生にコンタクトを取ってみるなどして、生の情報を取得することをオススメします。

 

大学では4大卒という最強の資格が手に入る

 

ということで、大学に進学して、大学の講義に落胆している人には専門学校の授業が魅力的に見えるかもしれませんが、単に隣の芝生が青く見えているだけのことが多いです。

たしかに文系学部の場合、学ぶ内容は実社会でほとんど役立ちません。

「親に高い学費を出してもらって、こんな無意味なことを学ぶ為に、大学に来たんじゃない」と思って、専門学校への進学を検討しているのかもしれません。将来全く役に立たないようなことに時間を浪費するのは、なんとも言えない不安にかられますよね。

でも、文系学部の目的は学問の追求だけではありません。

 

自由な時間と大卒の新卒カード

女子大生

 

文系大学生は学生という身分でありながら、自由な時間がたっぷりあります。無職やフリーター、ニートなどは世間からの風当たりが厳しいですが、よく似た生活を送っている文系大学生では、なぜか大学という身分があるだけで、好印象を与えることができます。

この合法的なモラトリアム期間を利用して、海外旅行をしてみたり、友達と遊んだり、サークルに入ってみたり、創作活動をしてみたりと、色々やりたいことを試してみてください。

そんな自由気ままな生活の中から、色々と遊びの引き出しが生まれ、それが将来会社働くことになった場合にアイデアを生み出す源になったり、人間的な魅力になります。

大学で学ぶこと自体は、そこまで役立つものではないかもしれませんが、自由な時間があるからこそ、色々なところに行けるし、大学生という身分を利用することによって、普段会えない人が会ってくれます。自分の好きなことに熱中することもできます。

それに、やはり専門学校よりも4年生大学卒業の方が進路の幅が広がります。

4年生大学卒業予定の学生しか入社できない大手・有名企業が世の中には数多くあります。

会社の規模が大きい会社ほど、会社外部からの見え方にも気をつける必要があるため、4年制大学卒業者でなければ採用しない、専門学校生は採用してもごく少数という会社が多いです。

仕事に必要なスキルや知識は分野にもよりますが、だいたい1〜3年ほど、実務経験を積めば、専門学校生には追いつきます。

 

ダブルスクールの可能性

デザイン

 

とはいっても、一部の職種は専門卒じゃないと配属されないので、その場合は、専門学校に進学する必要もあります。

そこで検討に入れてほしいのが、大学に籍をおきながら、ダブルスクールで夜間に専門学校で学ぶ手が利用できる場合もあります。

興味のある専門学校に夜間コースが設置されれているのであれば、大学に籍をおいたまま、夜間に専門学校で学ぶことをオススメします。

就職活動の時にも、ダブルスクールで学んでいたことは、その業界を志望している裏付けになりますし、会社によっては、専門的な仕事を入社して早い段階で任せてもらえる可能性もあります。

また最近はTechAcademy [テックアカデミー]といったオンラインスクールも充実してきたので、Webやグラフィックデザイン、ゲームなどの分野であれば、大学を中退せずともオンラインで学べる環境が整ってきました。

アドビソフト+動画講座受講セット 最大82%OFF~

ダブルスクールする資金がない?

ダブルスクールやオンラインスクールを受講する、お金がない方もいると思います。親が出してくれないかもしれませんよね。まとまった資金を貯める方法は何がおすすめでしょうか?

色々方法がありますが、「投資」か「まじめに働くか」のどちらかになります。

学生がまじめに働いて稼ぐのであれば、夏休みや春休みを利用してリゾートバイトなどがいいかもしれません。生活費が全くかからないのと、がっつりシフトに入れて時給も高いので、短期間で稼ぐことができます。リゾバ自体が楽しいのもメリットの1つです。

【2019年版】評判が良いおすすめリゾートバイト派遣会社ランキング
観光地で働く住み込みバイトのことをリゾートバイト(リゾバ)と呼びます。「同世代でパーティーできる」「スキーのリフト券や温泉が無料」「給与も高い」ということで20代を中心に評判のいいバイトの1つです。 日本には現在20以上のリゾートバイ...

 

あと労働ではありませんが、治験も寝ているだけでまとまったお金が貯まるので男子学生にはオススメです。

 

JCVNの治験は安全?評判は?報酬はいくら?
時間はあるけど、お金はない…けど働きたくないという全国50万人の意識低い系大学生の皆さん、治験って知っていますでしょうか? 「モルモットになって、ヤバイ薬飲む系のバイトでしょ!?」 って思っているなら、ちょっと間違った情報です。...

 

投資ですが、10万円程度の少額から短期間で数倍を目指すのであれば、回転率の高いFXか値上がり率の高い仮想通貨投資しかありません。仮想通貨は、今後伸びていく市場ですが、2018年にバブルが弾けてしまったので、再度盛り上がりをみせるには数年掛かりそうです。(仮想通貨の短期トレードは資金を減らす可能性が高いのでオススメしません)

ということで投資で資金をダブルスクールの資金を稼ぐならFX(為替の売り買い)げ現在のベストな選択肢です。

FXを学ぶのであればYouTubeの迷晴れFXがおすすめです。無料で学べるので、本など買わなくていいです。

ハラミ足ひとつで環境認識からエントリーまでできる!

 

このYouTubeチャンネルだけでもFXの本質について網羅的に触れられているので、この動画を観ながら実践で慣れていけば稼げるトレーダーになれます。(動画を視聴するだけでなく実際にトレードすることが重要)

為替(FX)でのチャートが読めるようになれば、仮想通貨や株式投資などにも応用できますし、将来の大きな武器になるでしょう。

FX会社は数多くありますが、自分が今使っているのはDMM FXです。DMMFXは操作性が抜群なので、短期トレード(デイトレやスキャルピング)で頻繁に売り買いするのに向いています。またDMMFXの場合はデモトレードが用意されているので資金を減らさず練習できるのもメリットの1つでしょう。

 

まとめ

日本では、専門学校はスキルを手に入れる場所、大学は学歴を手に入れる場所です。

大学生は専門的なことを学んでいる専門学校生が羨ましく感じますし、専門学校生は社会的評価も高く自由な時間が多い大学生を羨ましく感じます。

本当に、専門学校に行かないとなれない職業に就きたいのであれば、大学を中退して専門学校に進学するのも1つの方法です。

しかし単純に大学の学問に魅力を感じないのであれば、ダブルスクールやオンラインスクール、サークルやバイトなど自分で夢中になれるものを探して、それに熱中してみてはいかがでしょうか。