Webデザインを学ぶためカナダ留学したい人におすすめ留学エージェント

カナダ留学・海外就職・移住

海外留学したい、海外留学だけじゃなく専門的なスキルも身につけたい、可能なら専門的なスキルを活かして海外就職もしたいと考えている方もいるのではないでしょうか。

今回はWebデザイナーなどWeb技術者のスキルを海外で身につけたいと考えている人におすすめのカナダの留学エージェントを紹介したいと思います。

お母さん、私、海外留学したい!
この子は就職活動の次期になっていきなり何言ってるの!
海外留学って、就職活動が上手くいかない大学生がよく使う現実逃避の常套句じゃないの!
そんなことないもん!
じゃあ、海外行って何するの?
げ、芸術家よ!!
あんた日本で美大行ってもないしデッサンすらやったことないでしょ?

完全に現実逃避じゃない!寝言は寝て言いなさい!

じゃあ、デザイナー!
Webデザイナーだったら、美大卒じゃなくてもなれるって、死んだおばあちゃんが言ってたもん!
……まったく、この子は……
母さん、まぁいいじゃないか。英語とWebの知識があれば食いっぱぐれることはないだろう。どうせこの子に会社勤めは向いてないだろう。
ところで、どこの国に留学するのかは決まっているのか?
うーんと、まだ決まってない。
英語圏の留学先としては以下の国が有名だな。

Webデザイナーになりたい人におすすすめの留学先

  • アメリカ
  • カナダ
  • イギリス
  • オーストラリア
  • ニュージーランド
  • フィリピン
アメリカはなんといってもWeb業界の中心だ。
Webを学べる学校も多い。学費・レベル共にピンからキリまで幅広い。
フィリピンなどは生活費が安いのがメリットだが、Web技術を習得する環境としてはまだまだ発展段階というのが個人的な感想だ。
私のおすすめはカナダだ。
カナダはアメリカと陸続きで同じ英語圏だ。Webの最新情報も入手しやすいし、Webが学べるレベルの高い学校も数多く存在する。しかもアメリカよりも治安もよく生活費も安く、就労ビザもアメリカと比べれば下りやすい。
カナダというかWebデザインで留学したいなら、一つおすすめの留学エージェントを紹介したい。Frog Creator Peoduction Inc.という日本人Webデザイナーが設立したカナダの留学エージェントだ。
フロッグ・クリエイター・プロダクション・インク?

カナダにWeb留学でFrog Creator Peoductionがおすすめな理由

留学エージェント? Webの学校じゃないの?
留学エージェントは学校の入学手続きや住む場所の確保をしてくれる代行業者だ。
外国で生活し学校に通うというのは、日本とは訳が違う。文化も週間も違う国に留学するなら留学エージェントを通した方がスムーズにことが行く。一番最初につまづいて結局ビザが下りなかったり住む場所が見つからなかったりするなど無駄な時間を浪費するよりは、留学エージェントを利用するべきだと父さんは考えている。
Frog ではどんな留学をしたいかという「カウンセリング」と「渡航プランの提案」は無料で行っている。
英語力がない人はまず語学学校に入って、英語力を磨いてからWebを学べる学校に行くことも考えておいた方がいいだろう。

むしろ、まずは語学学校に行ってからの方が現地の事情も分かるし、いいかもしれない。

Frog Creator PeoductionならWebデザイナーの学校紹介の他に語学学校も紹介できる。日本から留学する学生は、多くの人が一度語学学校を経由する。 現地で同じ日本人の知り合いを作っておくことで精神的にも楽になるのでおすすめする。
ちなみにFrog代表のセナさんとスタッフのマナちゃんは両方ともWeb業界では有名人だ。
会社代表のセナさんは「バンクーバーのうぇぶ屋」、スタッフのまなちゃんは「Webクリエイターボックス」という自分のWebサイトを持っているので、どんな人なのか分かるる
あ、ほんとだ! 2人ともブログで色々役に立つ情報を書いてる!
留学エージェントは残念ながら詐欺みたいな会社もあるのが事実だ。だからこそ、運営者の顔が見えるというのが留学エージェント選びの一つだな。
へー
日本の労働環境に嫌気が指して海外移住を成功させた人たちなので、留学後日本に戻るのではなくカナダをはじめ海外就職を目指す人にとっては、信頼できるアドバイスをもらえる可能性が高いぞ。
またFrogはクリエイター特化型の留学エージェントだ。だからクリエイター向けのイベントを多数開催している。

たとえば、Frogメンバーで現地で就職決定した日本人を集めた座談会、現地クリエイターとの交流会、クリエイターのビザの選び方などが行われた実績がある。

またFrogは複数のクリエイター専用シェアハウスも運営している。クリエイター専門のシェアハウスなので、お互い良い刺激を受けやすい環境が用意されているので同じ屋根の下でクリエイティブに切磋琢磨しあう生活ができるかもしれない。
海外でシェアハウスとか超楽しそうじゃん。

まとめ Webデザインを学ぶためカナダ留学したい人におすすめ留学エージェント

留学後は、日本に戻って就職しようかと思っていたけど、父さんの話聞いていたら、海外就職したくなってきちゃった。
外国人が海外で就職するということはそんなに甘いものではない。

それに留学するなら相応の覚悟が必要だ。

ただ仮にカナダで就職できなかったとしても英語+Webができれば、日本でWeb関連の会社に就職することも可能であるし、日系企業が多数進出しているアジアで現地採用を狙うこともできる。

問い合わせは無料なので、興味があればまずは気軽に問い合わせをしてみてもいいだろう。
お父さん、いろいろ留学について教えてくれてありがとう!
父さんはいつもおまえの味方だ。
留学資金についても応援するから気にするな。
それより実は近い将来、父さんと母さんは離婚するかもしれないんだ。
お前は父さんの味方だよな?

 

………………

 

やっぱり暖かい国が良いという人は、オーストラリアへ!

格安の語学留学・ワーホリのエージェントなら大手より手数料無料のGlobal Diveがオススメ!