【40代・50代・60代向け】女性の住み込みの仕事

中年女性 就職・バイト

40代・50代・60代のミドル・シニアの女性の方で住み込みの仕事を探している方もいると思います。住み込みだと家賃が無料で貯金がしやすかったり、全く見知らぬ土地で働きやすいなど色々なメリットがありますよね。

しかし40代も超えると若者ではなく、中高年として扱われる求人も多く、住み込みの仕事となると、選び方が少し複雑になります。

どんな住み込みの仕事が40代・50代・60代でも可能性があるのか知りたい方も多いと思うので、中高年の女性におすすめな住み込みの仕事を紹介したいと思います。

40代・50代・60代の女性が住み込みの仕事を選ぶ際の注意点

まずは40代・50代・60代の女性が住み込みの仕事を選ぶ際のチェックポイントを解説したいと思います。

  • 体力的にラクか
  • 女性は多いか
  • 年齢で差別されない
  • 寮はしっかりしている?
  • 社会保険はある?

体力的にラクか

住み込みの仕事は作業系の仕事が多いです。女性で40代以降ともなると、体力的にもきつい仕事が多くなってくると思います。「重いモノを持つ」「長時間立ちっぱなし」「座りっぱなしでヘルニアになる」など体力的にきついと感じることは人によって色々異なります。

自分が長時間の労働はきついと思う作業や姿勢を伴う仕事は避けておいた方が無難です。

女性は多いか

住み込みの仕事は勤務地によっては完全な男性社会ということもあります。たとえば自動車の組み立て工場の期間工などは、男性が大半の社会です。

やはり男性中心の仕事となると、体力的にきついこともありますし、女性ということだけでセクハラまがいのデリカシーのない発言をするような男性スタッフも存在するので、ある女性が働いているような求人を選ぶようにしましょう。

 

年齢で差別されない

主婦・再就職世代が多い職場の方が年齢で差別されないのでオススメです。40代・50代・60代だと年齢的になんとなく20代〜30代の人とも周囲の扱いが少し違ったりしてきます。

若い世代だと恋愛とかの飲み会とかの話も盛んなので、40代以降は会話も蚊帳の外になってしまいがちで、自分の関心事を共有することもできません。

40代以降の女性スタッフが多い方が疎外感が少ないので、なるべく年齢が高めの住み込みの仕事を選んだ方が無難です。

寮はしっかりしている?

40代・50代・60代だとある程度人生経験も積んでいますし、やはり女性ともなるとある程度生活環境がしっかりした住み込みの寮に住みたいと思いますよね。

やはり相部屋よりも個室寮の方が絶対いいですし、築30年のようなボロい寮だと、色々な設備ば壊れている場合もあるので、注意が必要です。住み込みの寮はワンルームマンションのように整備されていないケースも多いです。

儲かっている会社の社員寮でもクオリティの差が激しいので、内定を頂いた後にしっかりと寮の話は聞いておきましょう。

また人によっては住み込みの仕事を探しているけど、家族と一緒に住みたいという方もいると思います。寮の中には夫婦・カップルで住める場所や外部から異性を招くことが許可されている寮もあります。

いわゆるカップル寮や家族寮と呼ばれますが、旦那や彼氏と一緒に働ける求人では家族寮が用意されている傾向が多いです。

社会保険はある?

40代・50代・60代の女性が住み込みの仕事をするのであれば、社会保険は必須と言っていいでしょう。

たとえ派遣の仕事でも社会保険には加入することができます。逆に社会保険の話をしてこないような会社は、その時点で除外してもいいぐらいです。国民健康保険は高額ですし、会社に社会保険を半分払ってもらった方が絶対にお得です。

50代・60代ともなると、病院に行く機会も多くなるので社会保険は最も重視しておきたいポイントです。

40代・50代・60代女性にオススメの住み込みの仕事5選

それでは以上のチェックポイントを踏まえながら、40代・50代・60代女性にオススメの住み込みの仕事を紹介していきたいと思います。

  • 温泉旅館の中居
  • 部品メーカーで期間工
  • 学生寮・社員寮の寮母
  • マンションの管理人
  • シェアハウスのハウスマネージャー

温泉旅館の中居

リゾバ仲居

まず40代・50代の女性の住み込みで最もオススメの仕事と言っても過言ではないのが、温泉旅館での中居の仕事です。観光業界未経験からでも応募可能です。

旅館での接客の仕事ですが、旅館の中居はある程度年齢が高い方が、落ち着いた印象を与えることができるので、お客さんも安心してサービスを受けることができます。実際中居は、20代の若い層だけでなく、中高年も積極的に住み込みスタッフとして採用しています。

また旅館の住み込みはメリットとして「給与が高く貯金しやすい」「まかない料理が堪能できる」「温泉に無料で入れる」「地方の観光地なので、シニア層も落ち着いた環境で過ごしやすい」といったことがあり、長期で働く独身の中高年女性も少なくありません。旦那さんと同じ勤務地で働く場合には、旅館の一部屋を寮として貸与されるケースもあります。

旅館の中居は、旅館の求人を探すのではなく、リゾートバイト専門の派遣会社から紹介してもらいましょう。派遣会社経由の方が、時給が高いなどのメリットがあるので直接契約社員などで雇用されるよりもオススメです。数ヶ月単位で交通費支給で住み込み先の旅館を変更していくことができるのも派遣会社経由のメリットです。

ちなみにリゾートバイトという名前ですが、アルバイトではなく派遣社員なので、社会保険もバッチリ加入できます。

リゾートの仲居の仕事内容はきつい?楽しい?男もOK?
リゾートバイトに興味ある方も多いと思いますが、その中でも人気職種の1つが「仲居」です。 「仲居ってどんな仕事内容なの?」 「どうして仲居って時給が高いの?」 「男でも仲居ってなれるの?」 など色々と仲居に対して疑問がある方も...

部品メーカーで期間工

車

40代ぐらいてであれば期間工を目指してみてもいいかもしれません。期間工は名前の通り、期限付きで働く工場労働者です。雇用形態は契約社員で、最低3年間しか働くことができませんが、その分給与やボーナス、入社祝い金などの待遇がかなり良いので貯金したい方に人気の高い仕事です。

期間工って男性が自動車を組み立てているイメージが強いですが、デンソーなどの部品メーカーでも期間工を募集しており、部品メーカーだと男性よりも女性の従業員の方が圧倒的に多いです。理由としては細やかな作業は女性の方が得意だからそうです。

期間工は男女とも年齢には少し厳し目ですが、40代であれば十分チャンスがあるので、住み込みでお金を稼ぎたい方はチャレンジしてみてもいいかもしれません。

 

学生寮・社員寮の寮母

共立メンテナンスの寮長・寮母求人

ビジネスホテルの「ドーミーイン」を運営する共立メンテナンスでは学生寮・社員寮の運営も全国で行っており、寮長・寮母を募集しています。

夫婦での応募が必要となる仕事だけでなく女性1人での応募も可能な寮母の仕事もあります。雇用形態としては業務委託となるので、個人事業主としての開業届の提出が必要となりますが、健康診断が用意されていたり、社会保険も用意されています。住居・光熱費・食費も会社負担で、寮に住むことができます。

多くの若い学生や20代独身の会社員と接する機会が多いので、母親になった気分です。寮から卒業する際には感謝されることも多いなどやりがいのある仕事です。

仕事内容としては、食事の調理がメインですが、調理経験不問でレシピなどは栄養管理士が計画してくれるので、自分で考える必要はなく調理未経験からでも応募可能です。発注作業なども行いますが買い出しは不要です。寮の規模によってはパートさん(25人分の調理で1人のパート)がいる場合もあるので、全て自分1人で調理する必要はありません。

住み込む場所は単身なら1K、夫婦なら2Kが用意されており、住環境は住み込むの仕事の中でも、かなり快適な環境が用いされています。

寮長寮母になるという選択 15秒

マンションの管理人

60代の定年退職後の方でも住み込みで働くことができる仕事として古くから定番となっているのがマンションの管理人です。

仕事内容としては、マンションの受付業務、業者の点検業務の立ち会い、巡回、事務作業、清掃といった雑務がメインの仕事です。契約社員で時給換算すると1,000円ぐらいと最低賃金ギリギリなので、上で紹介した社員寮よりは稼ぎは少ないです。

夫婦で住み込みで働く場合と単独の場合があります。

シェアハウスのハウスマネージャー

シェアハウス

最近若者の間で人気のシェアハウスですが、住み込みでのハウスマネージャーを募集している物件もあります。

仕事内容としてはシェアハウスの下見の案内、入居契約、退去の立ち会い、備品のチェックや清掃などです。清掃などは入居者の中からヘルパーなどを採用して行うこともあります。

また、シェアハウス内でのパーティーを企画したりなどクリエイティブな仕事もあります。20代・30代でも応募可能な住み込みの仕事なので、年齢が上がると不利になりますが、40代・50代でのシェアハウスマネージャーも多いので、十分チャンスはあります。接客の仕事が多いので、あまり体力を使う仕事をしたくない方はぜひチャレンジしてみてください。

シェアハウスで20代・30代と同居となると、40代・50代ぐらいには少し居心地が悪いのでは? と不安になるかもしれませんが、実はそんなことありません。

どこのシェアハウスでも中高年の方も何名かは入居しています。男性の方は煙たがられることも多いですが、女性の場合には、良い意味で「お母さん役」として頼られることも多く、居心地は良いので、住み込みでなくとも1人暮らしの住まいとしてもシェアハウスはオススメです。

オークハウスなどはシェアハウスの住み込みでのマネージャーを募集しています。

オークハウスの評判は?スマート会員やソーシャルレジデンスも解説!
バラエティ番組やテレビドラマで度々取り上げるのがシェアハウスでの生活。みんなキラキラしていて生活が楽しそうですよね。 しかし、シェアハウスの運営はビジネス的に儲かるらしく、質の低いシェアハウス運営会社も数多く存在するのが実情です。 ...

まとめ

  • 温泉旅館の中居
  • 部品メーカーで期間工
  • 学生寮・社員寮の寮母
  • マンションの管理人
  • シェアハウスのハウスマネージャー

以上40代・50代・60代の女性にもおすすめの住み込みの仕事でした。

60代となると定年を迎えるような年齢なので、学生寮の寮母やマンション管理人のような住み込みの仕事に限定されることになりますが、普通の通勤の仕事でもかなり厳しいです。

一方40代・50代であれば、まだまだ働き盛りとして扱ってもらえることが多いです。特に旅館の中居などのリゾートバイト系の住み込みの仕事は年齢を重ねているスタッフ方が接客スキルも高かったり、利用客にも落ち着いた印象を与えられるので積極的に採用してもらえるので、オススメの職種と言っていいでしょう。

リゾートバイトは派遣会社から応募することになるので、おすすめのリゾバ派遣会社は以下の記事を参考にしてみてください。

【2019年版】評判が良いおすすめリゾートバイト派遣会社ランキング
観光地で働く住み込みバイトのことをリゾートバイト(リゾバ)と呼びます。「同世代でパーティーできる」「スキーのリフト券や温泉が無料」「給与も高い」ということで20代を中心に評判のいいバイトの1つです。 日本には現在20以上のリゾートバイ...